「WILLCOM D4」を手に持つ同社の代表取締役社長の喜久川政樹氏(画像クリックで拡大)

 ウィルコムは2008年4月14日、Windows Vistaを搭載した通信端末「WILLCOM D4」(「WS016SH」)を発表した。インテルの小型デバイス向けプラットフォーム「Centrino Atomプロセッサー・テクノロジー」を搭載した世界初の通信端末で、音声通話もサポートする。5月下旬から予約受付を開始して6月中旬に発売する。

 1024×600ドット表示対応の5型ワイド液晶ディスプレイを備え、キーボードはディスプレイ部分をスライドすると現れる。ディスプレイは角度調整でき、ノートパソコンのようなスタイルでも利用可能。通信機能はPHS(W-OAM対応W-SIM)、IEEE802.11b/g対応の無線LAN、Bluetoothをサポートする。本体のみで音声通話する場合は、付属のヘッドセットや別売りのBluetoothハンドセットを利用する。

 本体のサイズは、幅188~192.3×縦84×厚さ25.9mmで、重さは約470g。バッテリー駆動時間と連続待機時間は現在測定中。通話機能はWindowsログイン時でないと利用できず、電源オフ時を除くそのほかの上ではW-SIMに着信履歴が残る仕組み。マナーモードは利用できるが、バイブレーション機能は非搭載となっている。

 基本スペックはCPUにAtom Z520(1.33GHz)を採用し、メモリーは1GB、40GBのHDDを内蔵する。キーボードは64キーで、ディスプレイの裏側に有効画素数198万画素のカメラを搭載する。インターフェースは、micro SDカードスロット、USB端子(miniABコネクター)、イヤホンマイク端子(平型)、拡張端子(別売りのクレードルおよびRGB/USBケーブルとの接続に利用する)などを備える。

 OSはWindows Vista Home Premium SP1を採用する。Windowsパソコン上で動作するソフトウエアが利用可能で、Office Personal 2007 with PowerPointもバンドルする。

 ウィルコムストアでの販売価格は、「W-VALUE SELECT」で新規・一括購入の場合で12万8600円。分割購入の場合は頭金3万9800円で、月々の支払いが3700円×24カ月となる。どちらの場合も「W-VALUE」割引が適用されるため、実質負担額は9万200円。

 製造を担当したシャープ、プロセッサーを提供するインテル、OSを提供するマイクロソフトの関係者が集まった記者発表会で、同社の代表取締役社長の喜久川政樹氏が「モバイルコンピューティングの新しいマーケットを切り開く商品として市場に投入する」と意欲を見せた。

 来年スタート予定の現行より高速な次世代PHSサービス上でもWILLCOM D4を何とか動かせるようにする予定だということも明かした。

タッチパネル付きの5型ワイド液晶ディスプレイを搭載。ディスプレイの左に左右クリックボタン、右にはなぞることでスクロール操作などができるイルミネーション付きタッチパットを備える(画像クリックで拡大)

バックライト付きのキーボードはディスプレイ部分をスライドすると現れる(画像クリックで拡大)

ディスプレイ部分は角度調整が可能。ディスプレイを起こせばノートパソコンのようなスタイルで利用できる(画像クリックで拡大)

別売りのクレードルにセットした様子。クレードルの価格は2万円前後(画像クリックで拡大)