ソニー

α200

実売価格:5万9800円(ボディー)、6万9800円(ズームレンズキット)、8万9800円(ダブルズームレンズキット)

発売日:2008年2月15日


このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・有効1020万画素CCDを採用、最高感度はISO3200に向上
・ボディー内手ぶれ補正機構の補正効果をアップ
・ひとまわり大きな2.7型液晶モニター
・ライバルと肩を並べるコストパフォーマンスの高さ

 ソニーのデジタル一眼レフカメラ「αシリーズ」で最初のモデルとなった「α100」の登場からおよそ一年半、後継機として2月15日に発売が始まったのが「α200」だ。シリーズには、ライブビュー対応で可動式液晶モニターを採用する「α350」もラインアップしている。

AF速度やDレンジオプティマイザーなどの機能を強化

 α100からボディーのデザインは変わったものの、大きさや重さにほとんど変化はない。有効1020万画素のAPS-CサイズCCDや、秒3コマの連写速度、JPEG/Fineでカード容量いっぱいまでの連続撮影可能枚数、RAW形式だと6枚という数字も一緒だ。

 スペックで変化しているのは、最高感度がこれまでISO1600だったのが、α200ではISO3200まで設定できるようになったことと、起動時間が0.9秒から0.4秒と高速化されたことだ。AFのスピードは従来比で約1.7倍、動体予測機能は約1.3倍の高速化が図られているという。また、α100ではボディー内手ぶれ補正機構の効果が2~3.5段だったものが、2.5~3.5段に向上し、下限がかさ上げされた。

2006年7月発売の「α100」の後継として登場した「α200」。兄弟モデル「α350」と基本的なデザインは同一ながら、ライブビュー機能や可動式液晶モニターなどの装備を省いて低価格化を図ったのが特徴だ

本体デザインやボタンレイアウトは、これまでのαシリーズのイメージを色濃く残しているが、ソニーらしいよりスリムなデザインにまとめられている。液晶モニターは2.7型で、近ごろ採用例の多い3型よりは若干小さいものの、視野角や視認性は良好だ

 これらは、上位シリーズの「α700」と同じモーターやマイコンを使用しているためだという。白飛びや黒つぶれを低減するDレンジオプティマイザーに関しても、α700と同じアルゴリズムを採用することで、撮影しているシーンを判別する精度がより高まったのだそうだ。