テレビ感覚で利用できる「プログラム配信型」の映像サービス「branco(ブランコ)」(画像クリックで拡大)

 ソニーマーケティングは2008年3月17日、IPv6マルチキャストを利用した無料の動画配信サービス「branco(ブランコ)」を3月31日正午から開始すると発表した。NTTのIPマルチキャスト網を利用するため「フレッツ光」(Bフレッツ、フレッツ光プレミアム)ユーザーを対象にしたサービスで、国内・海外ドラマやアニメなどのコンテンツを配信する。ビットレートは最大3.8MbpsとDVDビデオ並みの画質を実現している。

 brancoは、「ビデオ・オン・デマンド型」の動画配信サービスと異なり、番組表に基づいて動画を配信する「プログラム配信型」のパソコン向け映像サービス。専用の視聴ソフトをインストールすることで、通常のテレビと同じ感覚で利用できるのが特徴だ。録画や予約録画はできないが、視聴予約は可能。ソニーが独自開発した「Voyager Engine」を利用して、属性や視聴履歴、予約履歴などからお薦めの番組を表示するレコメンド機能「あなぴた番組」を搭載する。

 また、コンテンツを見ながら視聴者同士がチャットでコミュニケーションを取り合うこともできる。サービス開始時は6チャンネルあり、チャットは1チャンネル1つで、ユーザー数の制限はあるという。

 視聴は全画面と小画面の2タイプから選択可能。小画面にすれば、映像を見ながらWebページを見たりメールを作成するなど、ほかの作業もできる。対応OSはWindows XP/Vista、1.5GHz以上のインテルやAMDなどのCPU、メモリーはWindows XPで512MB以上、Windows Vistaで1GB以上。

 ビジネスモデルは配信番組の切れ間に入る動画広告収入などで運営費をまかなう仕組み。あらかじめユーザーが登録した情報などを基に、視聴者ごとに異なる動画広告を配信するシステム「Personalization Program over Streaming(PPoS)」(特許出願中)を使った、ターゲティング広告という手法を用いるという。

 同日、都内のソニープラザで開かれた記者発表会では、ソニーマーケティングのビジネスデベロップメント総括の杉山博高氏が「ソニーとお客様、コンテンツフォルダー、広告主の新たな接点となるサービス。チャットなどの付加価値とともに新しいコンテンツを提供することで、ユーザーに満足してもらえるのではないだろうか。また、次世代クリエイター育成の場としても活用していきたい」と語った。


番組表はネット上にあり、ワンクリックでアクセスできる。予約録画はできないが、視聴予約は可能。番組表は3週間分見られる(画像クリックで拡大)

チャット画面は、コンテンツ画面の右側に表示される。チャットルームは1チャンネル1つでリアルタイムのみ(画像クリックで拡大)

 発表会にはスペシャルゲストとして“アッキーナ”の愛称で人気の南明奈さんがセーラー服姿で登場。ショートフィルムを中心に作品を展開する「Dramatic!Film」チャンネルの作品をイメージした衣装で、同チャンネルなどをアピールした。また、南明奈さんとそっくりのお面をつけて、ほかのチャンネルをイメージした衣装を身につけた5人の“アッキーナ”も登場し、会場を盛り上げた。

 brancoは、本日からホームページを開設し、ソフトウエアのダウンロードを開始。3月24日に番組表を公開して3月31日正午から本サービスをスタートする。

「Dramatic!Film」チャンネルの作品をイメージした衣装で登場した南明奈さん(画像クリックで拡大)

南明奈さんとそっくりのお面をつけて、各チャンネルをイメージした衣装を身につけた5人の“アッキーナ”が登場。南明奈さん本人もそっくりなお面に驚いていた(画像クリックで拡大)

あめどら 海外ドラマ
ザ・インターネット、スターシップ・トゥルーパーズ、特別狙撃隊S.W.A.T、野生のエルザ、ポリスストーリー ほか
バンダイチャンネル アニメ
機動戦士ガンダムZZ、装甲騎兵ボトムズ、カウボーイ・ビバップ、天空のエスカフローネ、聖戦士ダンバイン ほか
ディスカバリー・セレクト ドキュメンタリー
ミイラ解剖、アメリカンチョッパー、エキストリーム・エンジニアリング、ジャンクヤード・ウォーズ、カスタムカー ほか
Dramatic!Film ショートフィルム/映画
TAXi3、さくらん、パニック・イン・ザ・ヴィレッジ、銀河鉄道物語、ムーミン パペットアニメーション ほか
プチ・ティービー FLASHアニメ/バラエティ
やわらか戦車、mofu☆mofu、クラゲのクラちゃん、シルバー仮面、アイアンキング ほか
VMC 音楽
邦楽HITS、洋楽HITS、VINTAGE~なつかしの名曲~、PICK UP インディーズ ほか

(文/三浦善弘=nikkei TRENDYnet)

登場サイトとURL一覧