カシオ計算機が3月28日に発売する「EXILIM PRO EX-F1」。1秒間に最大1200コマものハイスピードムービーが撮影できるなど、これまでのコンシューマー向けデジカメの常識を覆す機能を持つ異色モデルだ(画像クリックで拡大)

 カシオ計算機が3月28日に発売する「EXILIM PRO EX-F1」(予想実売価格12万8000円)は、1秒間に最大1200コマものハイスピードムービーが撮影できる異色のデジカメだ。発売を前に、試作機をいち早くお借りすることができたので、この機種ならではの驚きの機能を紹介していこう(試作機の速報インプレッション記事はこちら)。

 なお、今回は試作機での評価となったため、ハイスピードムービーの掲載は行えず、ムービーをキャプチャした静止画での紹介となる点をご了承いただきたい。

 ハイスピードムービーとは、通常の動画だと1秒間に約60コマ撮影するところを、よりたくさんのコマ数を撮ることで、肉眼では見えない素早い動きや決定的瞬間の様子を捕らえることができるものだ。これまで、ハイスピードムービーは業務用の放送機器でしか撮れなかったのだが、EX-F1の登場によりいよいよコンシューマー向け製品でも撮れるようになったのだ。

各社の高倍率ズーム機と似たボディー形状だが、ズーム時にレンズがせり出さないインナーズーム方式を採用しているため、レンズは最初からかなり長く飛び出ている。液晶モニターは2.8型ワイドで、撮影時に撮影設定が右端に常時表示されるEXILIMシリーズならではのレイアウトを採用する。円形の4方向ボタンの最外周は回転式ホイールとなっており、さまざまなシーンで便利に使える(画像クリックで拡大)

キヤノンの高倍率ズーム機「PowerShot S5 IS」(右)と比べると、ボディーはひとまわり大きく、レンズ部はかなりの違いがある(画像クリックで拡大)

構えた時に右手の親指が当たる部分には、動画の録画ボタンと撮影モードの切り替えダイヤルを配置する。「HS」がハイスピード撮影、「HD」がHD画質撮影、「STD」が標準画質での撮影だ(画像クリックで拡大)

記録メディアはSDメモリーカードを使用する。この製品のキャラクターを考えると、高速記録に対応した大容量メディアを用意したいところ(画像クリックで拡大)

メニューの「画質設定」→「HSスピード」を選択すると、超高速動画撮影のフレームレートを設定できる。300fpsでの録画時(右上)は512×384ドットでの撮影が可能だが、600fps(左下)では横長の432×192ドットに制限される。1200fps(右下)だと、記録解像度は336×96ドットにまで小さくなり、かなり横長になってしまう。なお、撮影時の液晶モニター表示は、記録範囲外となる部分がブラックアウトするのではなく濃いグレーで表示されるので、フレーミングの参考になるのがありがたい(画像クリックで拡大)