E-420(「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」装着)。4月中旬の発売を予定、予想実売価格は、ボディー単体で6万円弱となる(画像クリックで拡大)

 小型軽量で携帯性に優れた、オリンパスイメージングのデジタル一眼レフ「E-420」が2008年3月5日に発表された。スペックなどの詳細については既に『ライブビュー機能が大幅アップ、小型軽量デジタル一眼レフ「E-420」登場』で掲載した通り。今回、外観撮影モデルを借りることができたので、従来モデル「E-410」と比較して、進化したポイントを写真でチェックしていきたい。

 コントラストAFを使用したライブビュー機能や、液晶モニターの大型化などが、E-420の主な進化ポイントとして挙げられる。これらの新機能を搭載したものの、サイズは従来モデル「E-410」と同じ幅12.95×奥行き5.3×高さ9.1cmのままと、従来モデルからのウリであるコンパクト性を失っていないのがうれしい。重さは380gと、液晶モニターの大型化により5g増えているが、依然最軽量クラスのデジタル一眼レフであることは間違いない。

 外観上の大きな変化は、既に述べた通り液晶モニターの大型化がまず目に付く。次にカメラを構えてみると、グリップ部分が握りやすく改良されていることが分かる。さらにE-420では、同社のレンズ鏡筒部分で使用している青いリングをボディーにも採用。各所に青を配置することで、全体的な統一感を図っている。

●左:E-410  ●右:E-420

「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6」を装着した旧モデル「E-410」(左)と、「E-420」(右)を並べてみた。パっと見ただけでは、型番以外に違いが見つけられないが、モードダイヤルに青い線が入ったほか、グリップ部分が改良されている(画像クリックで拡大)

●左:E-410  ●右:E-420

液晶モニターの大型化により、「OLYMPUS」のロゴが液晶モニター下から、左上に移動したほか、左側に並んだ4つのボタンや十字ボタンの色味が、灰色から締まった黒に変わっている。また、液晶モニターの種類が、「ハイパークリスタル液晶」から、低反射コーティングが施された「ハイパークリスタルII液晶」に変わったためか、光が反射した表面の色が異なっているのが分かる。十字ボタンの左ボタンはファンクションボタンとしても機能し、「プレビュー」や「顔検出ON」などの機能を割り振れるようになった(画像クリックで拡大)

●左:E-410  ●右:E-420

上部の比較写真。ボタンの配置に変更はない。モードダイヤルとコントロールダイヤルのデザインが変わったほか、緑のアイコンを青に変更している(画像クリックで拡大)

●左:E-410  ●右:E-420

モードダイヤルに施された青いラインが、違いを見分けるポイントだ(画像クリックで拡大)

●左:E-410  ●右:E-420

「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6」を装着したE-410を台の上に置くと、レンズ側に傾いたが、同じレンズを付けたE-420では、そのまま安定した。液晶モニター大型化の影響がこんなところに出たようだ(画像クリックで拡大)

●E-410
●E-420

従来モデルでは滑りやすかったグリップを、しっかり指に引っかかるように改良。突起部分の違いが写真で分かる(画像クリックで拡大)

●E-410
●E-420

コントロールダイヤルの上面にシルバーリングを配置したほか、モードダイヤルとともに側面のデザインを変更。高級感のある仕上がりとなった(画像クリックで拡大)

●E-410
●E-420

緑だったアイコンは青に統一された(画像クリックで拡大)

顔検出の項目が加わったE-420のメニュー画面

撮影の設定状態を表示する「スーパーコンパネ」。2.7型になり視認性が高くなった(画像クリックで拡大)

最大8人までの顔を検出し、AFやAEを最適に調整してくれる顔検出機能を新たに搭載(画像クリックで拡大)

(河西隆之=nikkei TRENDYnet)