エステほど時間もかからず、服を脱ぐ必要も無く、足裏マッサージより心地よいと評判で、おまけに頭皮のケアまでできると、ここ一年くらいで一気に流行となったヘッドスパ。30分から60分程度の短時間で、頭の血行を良くし、頭痛や耳鳴り、目の疲れを解消、薄毛にも効果があるということで、幅広い年齢層に人気だ。

 美容室や理髪店でも、昔から洗髪の際に、頭皮や首、肩のマッサージを行っていて、その気持ちよさは、私たちも知っているところ。それがさらにパワーアップしているのであれば、大人の男性としても興味が湧くものだ。話に聞くと、福利厚生で補助金を出す企業もあるとか。体験した女性によると「時間があれば、つい何度も行ってしまう」と、その心地よさを絶賛。インターネットで「ヘッドスパ 男性」で検索してみると、ズラリと店やブログが並ぶ。どうやら男性の関心もかなり高いようだ。そうなると、益々行ってみたくなるもので、とにかく体験してみようと、リッツ新宿店に体験取材を申し込んだ。

オーナーの上田律子さん。美容師として、スタイリストとして活躍後、「頭を洗ってもらう気持ち良さ」を知ってもらおうと、2005年からヘッドスパを始める

 取材をお願いしたトータルヘッドケア「リッツ」は、2005年に麹町店をオープン、さらに2006年に新宿店をオープンした、ヘッドスパの店としては老舗の専門店。店内は、暗過ぎず、明る過ぎず、調度品も華美なものではなく、清潔感と機能美を前面に出した感じで、筆者のような中年男性でも、気後れする事なく入る事が出来た。ふと、置いてある雑誌を見ると、『日経おとなのOFF』や『東京カレンダー』など、男性向けの雑誌も並んでいる。それだけでも、随分安心する。

「元々は、人に髪を洗ってもらう気持ちよさを知ってもらいたいと思って始めたんです」とリッツのオーナー上田律子さん。頭皮のマッサージを含む洗髪は、頭部にある経絡を刺激して、足裏マッサージ同様、内蔵や全身に効くのだそうだ。