一足早い桜の花を背負って登場した新型フィアット500(画像クリックで拡大)

 このクルマの登場を、一番熱狂的に受け止めているのは本国のイタリアだろう。でも2番目は日本に違いない。あの“ルパン三世の愛車”が復活したのだから。

 新型「フィアット500」がイタリアで発表されたのは2007年7月4日、先代のフィアット500がデビューした1957年から、ちょうど50年後にあたる。欧州ではすでに販売が開始され、半年で16万台を受注。2008年のカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、高い評価を受けている。

 そして2008年2月22日、日本でもついにフィアット500が発表され、3月15日から販売を開始する。今回発売するのは「フィアット500 1.2 8V ラウンジ」で、車両本体の希望小売価格(消費税込み)は225万円。エンジンは1240ccの直列4気筒SOHC8バルブで、最高出力51kW(69ps)/5500rpm、最大トルク102Nm(10.4kgm)/3000rpmを発生する。ガソリンは無鉛ハイオク仕様だ。

 これに組み合わせる変速機は、ATモード付き5速シーケンシャル・トランスミッションの「デュアロジック」。マニュアルミッションをベースにクラッチ操作とギアチェンジを自動化したタイプで、一般的なATと違ってトルクコンバーターは備えていない。もちろんAT限定免許で運転できる。

ボディーは3ドアハッチバック。先代と違いフロントエンジンのFFで、リアにはハッチゲートを備える(画像クリックで拡大)

 右ハンドル仕様で、ボディー形状は3ドアのハッチバック、ルーフには固定式のガラスルーフを装備する。ボディーサイズは全長3545×全幅1625×全高1515mm、ホイールベースは2300mmで車両重量は1010kg。ボディーカラーは標準が白、青の2色で、オプションで赤、水色、青メタリック、黒メタリックも選べる。内装色は黒/アイボリーまたは青/アイボリーの2通り。

 安全装備としては、運転席ニーエアバッグを含む7個のエアバッグや、衝突時に乗員を拘束するダブルプリテンショナー式の3点式フロントシートベルトなどを装備。またボディーは「ユーロNCAP衝突安全テスト」で、最高ランクの5つ星を獲得している。

 また特別限定モデルとして、200台限定の「フィアット500 1.2 8V ラウンジSS」も販売する。標準仕様車に、フロントフォグランプやクローム仕上げヒーテッド電動ドアミラー、ボディ同色サイドモール、フルオートエアコン、そしてリアパーキングセンサーの装備を追加したもの。こちらは車両本体価格233万円だ。

発表会場には1957~1977年まで生産された、先代のフィアット500も展示。こちらは空冷2気筒エンジンをリアに積み、後輪を駆動する(画像クリックで拡大)

初代フィアット500は1936~1955年に生産され、「トポリーノ(ハツカネズミ)」の愛称で親しまれた。映画「ローマの休日」で、王女を追いかけるカメラマンの愛車として登場(画像クリックで拡大)

発表会場には「ルパン三世」原作者のモンキー・パンチ氏もゲストとして登場(画像クリックで拡大)

4月2日DVD発売の新作「ルパン三世 GREEN VS RED」の予告編を披露。新型フィアット500も登場する(画像クリックで拡大)

高性能モデル「500 Abarth」が3月16日から開催のジュネーブショーに登場する(画像クリックで拡大)

アバルト仕様は1.4Lターボエンジン搭載で最高出力は99kW(135ps)(画像クリックで拡大)

(文/柳 竹彦=nikkei TRENDYnet)

【動画レポート】新型フィアット500登場
ルパン三世の愛車がモデルチェンジ
3月15日から日本でも販売
※画面をクリックすると「BPtv」の動画ページが開きます。