引越しシーズン到来。転勤などで、1年を通じて一番引越しをする人が多いのが3~4月だ。引越しの料金が最も高くなる時期でもある。どうすればお得な引越しができるのだろうか。

 引越しが集中するのは3月下旬から4月上旬だ。今年であれば、3月22日の土曜日から4月6日の日曜日が最大のピークにあたる。引越し専門業者最大手の「アート引越センター」では、1年間に受ける約30万件の引越しのうち、約5万件がこの時期に集中する。

3月下旬から4月上旬は1年のうちで一番引越しが多いシーズンだ(写真はアート引越センター)(画像クリックで拡大)

 引越し業者と一口にいっても、テレビCMを流しているような全国規模の大手業者から、トラック1台で運送業と兼ねてやっている地域密着の小さな業者までさまざま。どうやって選べばいいのかわからないほどたくさんある。また、旧居から新居への距離、運ぶ荷物の量、サービス内容など個別の条件によって料金が変わってくる。「安い」「高い」が利用者に分かりにくいサービスだ。

 引越しをするときに、相見積もりを取るのはもはや常識だろう。検討している数社から見積もりを取って価格を比較。安い料金を提示する会社に依頼する方法だ。数社で競わせれば安くなることもある。見積もりは、各業者が自社ホームページで受け付けているほか、最近では一括相見積もりができる比較サイトが多数ある。一度申込フォームに記入するだけで、数社分の見積もりをまとめて取れるので便利だ。「数社の見積もりを取ると、数千円~数万単位の差が出てくることもある」(「住宅・不動産情報ポータルサイトHOME'S」引越し一括見積もりサービスを運営するネクスト)。

 引越しする日が決まっていないなら、ぜひ試したいのが、引越し候補日を何日か挙げて同じ業者から見積もりをとる方法。引越しする日によって見積もり料金は変わってくるからだ。時期や業者によっては、数日ずらすだけで、倍近く価格が違うケースもあるという。