ニコン

D300

実売価格:22万8000円(ボディー)、26万8000円(18-70G レンズキット)、31万円(VR18-200G レンズキット)

発売日:2007年11月23日


このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・APS-Cサイズの有効1230万画素CMOSセンサー
・D200よりも高感度ノイズを大幅に軽減
・撮影シーンの認識機能を搭載、オートホワイトバランスの決定に生かす
・51点AFなど、オートフォーカス性能を向上

 これまで、APS-CサイズのDXフォーマットを堅持し続けていたニコンのデジタル一眼レフが、フルサイズセンサーを搭載した「D3」の登場により、FXフォーマットとの2本立てとなった。従来からあるDXフォーマットのフラッグシップ機となったのが、今回紹介する「D300」だ。

見た目はD200そっくりだが、触ると確実な進化を感じさせる

 見た目は、従来機「D200」とあまり変わらない感じを受ける。しかし、大まかなスペックだけを見ても、イメージセンサーは1230万画素のCMOSセンサーとなり、秒6コマの連写(マルチパワーバッテリーパック「MB-D10」とリチウムイオン充電池「EN-EL4e」などの組み合わせで秒8コマ)、視野率100%、倍率約0.94倍のファインダーなど、フラッグシップの名にふさわしい実力を備えている。

 似ているのは見た目だけではなく、グリップを握った感触もD200とそっくり。重さも大きく変わっておらず、シャッターボタン周りのボタンレイアウトも変わっていない。もし、D200からアップグレードした場合でも、基本的な操作で迷うことはないだろう。同時発表のD3と比べても、親指で操作する「AF-ON」ボタンと「AE-L/AF-L」ボタンの位置が異なるぐらいだ。

D200(右)と並べてみた。どちらがどちらだか分からないほどよく似ているが、ひとまわり大きくなった3型液晶モニターが大きな違いだ。この液晶モニターは92.1万画素の高精細タイプなので、単に大きいだけでなく表示はとても美しい

 操作系でD200と大きく異なるのは、再生ボタンと画像拡大の方法だ。特に、撮影後にピントやブレの確認でよく使う画像の拡大作業は、拡大ボタンが独立して存在しているため、これを押し続けることで拡大できる。D200の場合(ENTERボタンを押し、サムネイルボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回転)とも、D3の場合(サムネイルボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回転)とも異なる。

 D200と比べると簡単に拡大できるようになり、確かに便利にはなっている。より使いやすく、というメーカーの配慮なのだろうが、頻繁に使う部分なのに操作方法がコロコロと変わるのはどうなんだろう、とも感じる。

同時発表の「D3」と同様に、グリップ前面のメインコマンドダイヤルは若干角度が付けられており、自然な指の動きで操作できるよう配慮された。それと合わせ、特徴的な赤のラインも動きのある形状になっている

シャッターボタン周囲のモード切替ボタンや露出補正ボタンは、D3と同様に丸い形状に変わった。ほどよいクリック感が備わったことも合わせ、操作性は向上している

 シャッターボタンを押した時の駆動音はD200のものとは全く異なり、重厚感のあるもの。ファインダーの像消失時間も、明らかにD300の方が短くなっている。