2008年1月24日、キヤノンは都内でプレス向け新製品発表会を開催。エントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X2」と、EOSシリーズ向けの交換レンズとして「EF200mm F2L IS USM」と、「EF800mm F5.6L IS USM」の2本を発表した。

EOS Kissといえばデジタルカメラであるとの認識が広まったため、「EOS Kiss X2」では、従来製品名に付けられていた「Digital」の表記がなくなった(画像クリックで拡大)

液晶モニターの大型化に伴い、背面のボタン配置が大幅に変わった(画像クリックで拡大)

 EOS Kiss X2は、有効1220万画素のCMOSセンサーを搭載した、エントリー向けのデジタル一眼レフ。優れたコストパフォーマンスで人気の高い同社の「EOS Kiss Digital」シリーズの最新モデルとなる。同社の上位機で既に採用しているライブビュー機能を搭載したほか、記録メディアにSDカードを採用。コンパクトデジカメからのステップアップユーザーを取り組むための工夫が随所に施されている。発売は3月下旬を予定。価格はオープン。市場想定価格は、ボディー単体では9万円前後。手ブレ補正機構を搭載したレンズキットを用意しており、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」が付属する「EOS KiSS X2 レンズキット」は10万円前後、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」の2本が付属する「EOS Kiss X2 ダブルズームキット」は13万円前後となる。月産台数は、レンズセットのモデルを合わせて20万台を予定。既に発売しているエントリーモデルの「EOS Kiss Digital X」は継続して販売し、同社のエントリークラスデジタル一眼レフは、EOS Kiss X2を上位機とした2モデルのラインアップとなる。

■「EOS Kiss X2」は「EOS Kiss Digital X」からここが進化!
・有効1010万画素から有効1220万画素へ高画素化
・液晶モニターが2.5型から3型に大型化
・ライブビュー機能を搭載
・連続撮影コマ数が、3コマ/秒から3.5コマ/秒に高速化
・記録メディアがCFからSDカードに変更
・逆光などで暗くなった部分を明るく補正する「オートライティングオプティマイザ」を新搭載
・新開発のバッテリーを採用し、撮影可能枚数が360枚から500枚に向上