※この記事は1月15日時点の情報です。

Newsweek日本版で『世界が尊敬する日本人』100人の中に選ばれた世界的パフォーマー“が~まるちょば”。イギリスの権威のある演劇賞を数々受賞してきた彼らの2008年を聞いた。

 “が~まるちょば”は、KETCH!(赤)とHIRO-PON(黄色)の2人組みパントマイム・アーティスト。色違いのモヒカンにサングラスと細身のスーツが彼らの衣装。世界23カ国、150以上のフェスティバルで、言葉を一切発せず老若男女を魅了してきた。エジンバラ演劇祭(04、05年)やブライトンフェスティバル(06、07年)などでイギリスの権威ある賞を数々受賞。2007年には『Newswek(ニューズウィーク日本版)』誌において『世界が尊敬する日本人』100人にも選ばれている。笑いと涙が入り混じるストーリーを展開し、これまでのパントマイムの概念を根底から覆す。イギリスでは街に群衆ができるほどの人気ぶりで、テレビやラジオにも引っ張りだこ。2007年春から日本でもロハスマガジン『ソトコト』とgreenbirdとのコラボマナーCMがオンエアされており、日本での知名度急上昇中。逆輸入キャラクターともいえる彼らは国境を超えた表現力で観客を魅了し続けている。

●が~まるちょば早分かり紹介
・言葉は一切発しない
・KETCH!(赤)とHIRO-PON(黄色)の2人組み
・モヒカンとスーツ、サングラススタイル
・名前の由来はグルジア語。“こんにちは”を意味する“Gamarjobat”
・ネタは大道芸から舞台芸術作品まで幅広い
・演目はすべて世界共通で共感を呼ぶ構成
・イギリスのテレビ・ラジオ番組に出演
・チャップリンの再来と言われることも
(写真/菊池友里)