オリンパスイメージング

E-3

実売価格:20万円(ボディー単体)

発売日:2007年11月23日


このモデルの注目ポイント ライバル機種はズバリこれ!
・多少の雨でも撮影できる防塵・防滴機構
・視認性を重視した設計の見やすいファインダー
・バリアングル式液晶モニターでライブビュー撮影が可能
・約5段分もの補正効果があるボディー内手ぶれ補正機構

 デジタル一眼レフのための規格であるフォーサーズシステムを提唱したオリンパスイメージングが発売する「Eシリーズ」は、2007年に“第二章”と称した新たな展開に入っている。機能を絞って小型軽量とした「E-410」や、ボディー内手ぶれ補正機構を搭載するなど多機能な「E-510」を相次いでリリースし、そしてこの11月にフラッグシップモデルとなる「E-3」が登場した。

ファインダーの見やすさは、下位機種を大きく引き離している

 先に登場した2機種と比べると、かなり大きくて重いカメラに仕上がっている。プロの過酷な使用にも耐えられるように、ボディーはチクソモールド方式で加工したマグネシウム製で、強度や剛性、耐久性を高めている。また、ボディーの各部分にシーリングが施されているため、多少の水しぶきや砂ぼこりの多い場所でも故障を恐れずに使えるようになっている。

2003年10月発売の「E-1」の後継機として、約4年ぶりに登場した「E-3」。E-1で定評のあった防塵・防滴性能や耐寒性能を継承するなど、過酷な条件での撮影を可能としたプロ向けモデルだ。可動式液晶モニターによるライブビュー撮影が行えるのも、松下電器産業の「DMC-L10」と並ぶ特徴だ

 ボディーが大きくなった要因のひとつといえるのが、ファインダーだ。フォーサーズ対応モデルは撮像素子が小さいため、E-410などではどうしてもファインダーの像が小さくなってしまい、像そのものやピントの合い具合が見づらくなっていた。

 これを解消するため、E-3では大型のペンタプリズムを搭載し、ファインダー倍率が1.15倍と、従来のモデルと比べるとかなり大きくなっている。もちろん大きさだけではなく、明るさやピントの山のつかみやすさといった見やすさも上々だと感じられる。フラッグシップ機らしく、視野率が100%となっているのもありがたいところだ。

E-1は、レンズマウントを端に寄せたL字型デザインだったが、E-3はマウントがボディー中央に位置するオーソドックスなタイプになった。ダイヤルや操作ボタンの配置は大きく変わり、E-1ユーザーでもちょっと戸惑うかもしれない。E-1とは異なり、内蔵ストロボを装備しているのが目を引く

 ファインダーを覗くと見えるオートフォーカスの測距点は11点。過去の写真の中から主要被写体の位置を分析したというだけあって、ムダのない配置だと感じる。欲をいえば、もうちょっと広く配置されていれば…とも思うのだが、今まで3点で頑張っていたことを考えれば、大きな進化だといえる。精度を上げるため、すべてが千鳥配列のツインクロスセンサーになっているのも目を引く。