NTTドコモは2007年11月1日、携帯電話の年末商戦向けモデルとして「FOMA 905i」「FOMA 705i」シリーズを発表した(新製品23機種の概要を紹介した記事はこちら)。

 同日、都内で行われた発表会に出席したところ、興味深い事実が判明した。なんと、フラッグシップである905iシリーズが、頭金ゼロ円のローンで購入できる可能性が出てきたのだ。これは、発表会に先立って10月26日に発表された端末の新しい購入方法「バリューコース」を選択することにより可能になる。

905iが「頭金ゼロ」で購入できるかもしれない!

 11月1日の発表会におけるIR向けコメントとドコモ広報によるコメントで、バリューコースによる905iの価格が見えてきた。広報のコメントによれば「バリューコースにおける905iの端末価格は、おおむね5万円前後とのことだ(「冬のキャンペーン」による8400円の割引を適用したあとの価格)。24回払いでの月額ローンは2000円前後で、12回払いだと4000円前後が目安」だという。価格予想の方法と分析はあとに回して、まずは結論であるバリューコースにおける905iの価格を見てみよう。

24回払いでのローンの場合、頭金は2000円、毎月のローン金額も2000円前後と見込まれており、総額5万円前後で905iシリーズが購入できる見込みだ

 ローンの金額は、NTTドコモによって全国統一で決められてしまうが、頭金は各ショップが自由に価格を付けられる。計算上では、頭金は2000円必要なのだが、ショップはどうするだろうか。「頭金2000円」とするよりも、2000円値引きして「905i登場、頭金はゼロ円!」とした方が、客に対するインパクトは強い。ドコモショップは無理かもしれないが、量販店などでは「頭金ゼロ」が登場する可能性は高い。

 フラッグシップの905iが、いきなり「頭金ゼロ」になるのはなかなか魅力的だ。ソフトバンクが、新スーパーボーナスの「頭金ゼロ」で売り上げを伸ばしたように、905iも大化けするかもしれない。