米Microsoftは現地時間2015年3月17日、次期OS「Windows 10」を今夏に世界でリリースすると発表した。111言語をサポートし、190カ国を対象とする。また、中国を中心とするWindows普及促進の取り組みについても説明した。数億人の中国ユーザーへのリーチを目指すとしている。

 Microsoftは中国でのユーザー拡大に向け、中国の大手パソコンメーカーLenovo(聯想集団)、大手インターネットサービスTencent Holdings(騰訊控股)、大手セキュリティ企業Qihu 360(奇虎360)と提携を結んだ。

 提携のもと、Lenovoは国内2500カ所のサービスセンターと一部販売店でWindows 10アップグレードサービスを実施し、TencentとQihu 360は顧客に無償のWindows 10アップグレードを提供する。またLenovoはWindows搭載スマートフォンを開発し、2015年半ばに中国China Mobile(中国移動)を通じて発売する。

 Microsoftは中国スマートフォンメーカーのXiaomi(小米科技)とも提携。Xiaomiは、Windows 10テクニカルプレビュー版をダウンロードできるテストプログラムに、同社のスマートフォン「Mi 4」の一部パワーユーザーを招待する。

→全文はITproのこちらでご覧ください。
なお、全文を読むには無料の登録が必要な場合があります。