パナソニックがLUMIXの新製品を発表。装備やデザインが向上し、写真愛好家にとって気になる内容に仕上げられている
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2014年10月1日、デジタルカメラ「LUMIX」の新製品を発表した。大型の撮像素子を搭載する高級コンパクトデジカメや、圧倒的な小型軽量ボディーに仕上げたミラーレス一眼など、実勢価格が10万円前後の高級タイプの製品に絞った。

 新製品のおもな特徴は以下の通り。


■LUMIX DMC-LX100(高級コンパクトデジカメ)
 2014年11月13日発売、実勢価格は10万3000円前後
・マイクロフォーサーズと同じ4/3型の大型撮像素子を搭載
・35mm判換算で24-75mm/F1.7-2.8の明るいレンズを搭載
・276万ドットの高精細電子ビューファインダー搭載
・横縦比を変えても同じ画角で撮影できるマルチアスペクトに対応
・4K動画撮影機能を搭載、4K動画から写真を切り出す「4Kフォトモード」も新搭載
■LUMIX DMC-GM5(ミラーレス一眼)
 2014年11月13日発売
 実勢価格は9万円前後(ボディー)、10万円前後(レンズキット)
・小型軽量ボディーに約116万ドットの電子ビューファインダーを搭載
・フラッシュなどを装着するホットシューを搭載
・ブラックとレッドを組み合わせたレッドモデルを用意

4/3型の撮像素子で画質を重視した「LUMIX DMC-LX100」

 大型の撮像素子と明るいレンズを搭載し、画質にこだわった高級コンパクト。撮像素子はマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼と同じ4/3型の高感度MOSセンサーで、1型よりもひとまわり大きい。撮像素子の総画素数は1684万画素だが、横縦比を変えても同じ画角で撮影できるマルチアスペクトへの対応などで、有効画素数は約1280万画素(4:3時)となる。レンズは、35mm判換算で24-75mm/F1.7-2.8の明るいタイプを搭載し、絞りは9枚羽根を採用してボケの形状も追求した。

 本体の質感や操作性も高めた。本体は、かつてのフォーサーズ一眼「LUMIX DMC-L1」似のスタイルに仕上げ、グリップの形状もDMC-L1に近いデザインにしたという。本体にはシャッター速度ダイヤルや絞りリング、露出補正ダイヤルを搭載し、さまざまな設定を直接変更できる。電子ビューファインダーは約276万ドットの高精細タイプで、像の大きさにもこだわった。

4/3型の大型撮像素子を搭載するレンズ一体型モデル「LUMIX DMC-LX100」。ボディーカラーはシルバーとブラックの2色を用意する
[画像のクリックで拡大表示]
本体は、かつてのフォーサーズ一眼「LUMIX DMC-L1」によく似ている。高級感は十分だ
[画像のクリックで拡大表示]
大型の撮像素子や電子ビューファインダーの搭載で、これまでのLXシリーズと比べればひとまわり大きいが、実際に手にするとちょうどよいサイズだと感じる。電子ビューファインダーは、目を近づけると表示を液晶モニターから切り替えるアイセンサー付きだ
[画像のクリックで拡大表示]
レンズ部の出っ張りはあるが、本体は比較的スリム。電源オンとともにレンズがせり出してくる。LXシリーズらしく、ズームの動きはゆっくりしている
[画像のクリックで拡大表示]
レンズ部に絞りリングとフォーカスリング、アスペクト比切り替えのスイッチを搭載する。フラッシュなどを装着できるホットシューも備える
[画像のクリックで拡大表示]
高級コンパクトらしく、シャッター速度ダイヤルや露出補正ダイヤルを備える。モードダイヤルは搭載せず、シャッター速度ダイヤルや絞りリングの「A」のポジションを利用して切り替える仕組み
[画像のクリックで拡大表示]
ビームコーポレーションがCOTTAブランドで発売する牛革製のカメラアクセサリー。DMC-LX100用のボディーケースやネックストラップ、ハンドストラップ、汎用のソフトケースを用意する。希望小売価格は、ボディーケースが1万7000円(税込み)、ネックストラップは1万800円(税込み)とやや高めだが、質感はかなり高かった
[画像のクリックで拡大表示]