スマートフォンに装着して利用するソニーの“レンズだけのカメラ”が、いよいよ日本でも発表された
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツ・ベルリンで開催された家電ショー「IFA 2013」でお披露目されて話題を呼んだ、“レンズだけのカメラ”のような斬新なコンセプトのデジタルカメラ「Cyber-shot DSC-QX100」(以下、DSC-QX100)と「Cyber-shot DSC-QX10」(以下、DSC-QX10)が、2013年9月12日に日本でも正式に発表された。実勢価格は、DSC-QX100が5万5000円前後、DSC-QX10は2万5000円前後。発売日はいずれも2013年10月25日の予定。

 DSC-QX100は、1型の裏面照射型CMOSセンサー(有効2020万画素)と35mm判換算で28~100mm相当の光学3.8倍ズームレンズを搭載した上位機種。撮像素子やレンズの性能は、同社の最新高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100M2」と同等だが、ISO感度設定はオートのみとなり、露出モードはフルオートと絞り優先オートに限られる。連写やスイングパノラマ撮影はできず、スマホの内蔵フラッシュを利用した撮影もできないといった制約もある。 本体サイズは62.5(W)×62.5(H)×55.5(D)mm、重さは約179g(バッテリーとメモリーカード含む)。

高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100M2」相当の性能を備えた上位モデル「Cyber-shot DSC-QX100」。実勢価格は5万5000円で、7万3000円前後のDSC-RX100M2と比べると1万8000円ほど安い
[画像のクリックで拡大表示]

 DSC-QX10は、1/2.3型の裏面照射型CMOSセンサー(有効1820万画素)と35mm判換算で25~250mm相当の光学10倍ズームレンズを搭載した下位モデル。レンズと撮像素子の性能は、薄型の高倍率ズームデジカメ「Cyber-shot DSC-WX200」と同等。連写やスイングパノラマ撮影、フラッシュ撮影ができないなどの制約は、DSC-QX100と同様。本体カラーは、ブラックとシルバーの2色を用意する。本体サイズは62.4(W)×61.8(H)×33.3(D)mm、重さは約105g(バッテリーとメモリーカード含む)。

1/2.3型の裏面照射型CMOSセンサーと光学10倍ズームレンズを搭載した「Cyber-shot DSC-QX10」。DSC-QX100と比べて小型軽量にまとめられている。実勢価格は2万5000円前後で、1万9000円前後のDSC-WX200と比べると逆に6000円ほど高い
[画像のクリックで拡大表示]
スマホに装着するための伸縮式アタッチメントが標準で付属しており、DSC-QX100/QX10の背面に装着してからアタッチメントをスマホに固定すればよい
[画像のクリックで拡大表示]
DSC-QX100/10を装着するためのマウントを備えたXperia Z/Z1用のジャケットもオプションで用意する。付属のアタッチメントを使うよりもしっかりと固定できるのがメリットだ。実勢価格は、いずれも3000円前後
[画像のクリックで拡大表示]
NFC機能を搭載しており、NFC対応のAndroidスマホならば面倒なWi-Fi設定をせずに済む
[画像のクリックで拡大表示]
スマホでの撮影や再生には、無料アプリ「PlayMemories Mobile」を利用する。iOS版とAndroid版が用意される
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンのカメラ機能は急速に画質が向上しているが、ズーム性能やぼけの表現は単体のコンパクトデジカメにはかなわない。スマホが得意とするインターネットとの親和性の高さを維持しながら、前述の欠点を解消した撮影が楽しめるデジカメとして、スマホ全盛時代にヒットを記録できるかが注目される。

タッチした場所にピントを合わせる機能も備える。今年、「スマホに付けるカメラ」が流行るか注目される
[画像のクリックで拡大表示]

(文/磯 修=日経トレンディネット)