オリンパスイメージングが発表したマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼「OLYMPUS OM-D E-M1」。これまで同社のデジタル一眼レフカメラを使っていたユーザーの取り込みも狙う高性能モデルだ
[画像のクリックで拡大表示]

 オリンパスイメージングは2013年9月10日、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼「OLYMPUS OM-D E-M1」を発表した。同社のミラーレス一眼では最上位となるモデルで、新開発の撮像素子と画像処理エンジンを搭載することで画質を高めた。高精細表示の電子ビューファインダーや強力なボディー内手ぶれ補正機構、氷点下でも撮影できる防塵防滴構造を備え、装備や撮影性能も充実させた。デジタル一眼レフカメラと比べて小型軽量で扱いやすいボディーに充実した装備を凝縮し、画質や撮影性能を重視する趣味層やプロカメラマンに訴求する。

 実勢価格は、ボディー単体モデル(ボディーキャップレンズ「BCL-1580」付属)が14万5000円、標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」が付属する「12-50mm EZ レンズキット」が17万円前後、大口径タイプのズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が付属する「12-40mm F2.8 レンズキット」が22万円前後。発売は2013年10月上旬の予定。


2012年発売の「OM-D E-M5」で好評のスタイルを継承しながら、グリップの大型化や操作性の改善などを図った
[画像のクリックで拡大表示]
背面の電子ビューファインダーは236万ドットの高精細タイプを採用。操作ボタン類の配置や数は、OM-D E-M5ユーザーの意見を基にかなり手が加えられた
[画像のクリックで拡大表示]
シャッターボタンは大きく出っ張ったグリップの先端に設けられ、操作性を高めた。設定変更用のダイヤルの1つはシャッターボタンの周囲に移され、指の移動を最小限に抑えて操作できるようにした
[画像のクリックで拡大表示]
グリップの張り出しにより本体の厚みはOM-D E-M5と比べて増したが、ボディーそのものは薄型にまとめられている
[画像のクリックで拡大表示]
別売でパワーバッテリーホルダー「HLD-7」(希望小売価格は2万4675円)を用意。カメラ本体とは別にバッテリーを1本内蔵でき、長時間の撮影に対応。縦位置撮影用のシャッターボタンや操作ボタンも装備し、操作性を高められる
[画像のクリックで拡大表示]