“北欧の100円ショップ”として話題のデンマーク発激安雑貨チェーン「タイガー」の出店が加速しそうだ。「アフタヌーンティー」「ロンハーマン」などを展開するサザビーリーグ(本社:東京都渋谷区)が2013年5月14日、タイガーを運営するゼブラA/S(本社:デンマーク コペンハーゲン)とタイガーの日本展開に関する独占的パートナーシップ交渉をしていることを発表。今回の交渉がまとまれば、現時点で大阪の1店舗にとどまっている店舗展開が東京、そして全国へとスムーズに進んでいきそうだ。

 タイガーは欧州を中心に世界19カ国、220店以上を展開し、2012年7月21日には大阪ミナミのアメリカ村に日本1号店をオープン。“北欧の100円ショップ”として話題となり、連日大勢の客が殺到した(詳しくは「“北欧の100円ショップ”『タイガー』日本上陸、その実力は?」を参照)。

 入場規制まで行う事態となり、商品の供給が追い付かずに一時臨時休業に追い込まれたほどだった(詳しくは「大行列、突然休業…“北欧の100円ショップ”『タイガー』騒動の裏側」)。

“北欧の100円ショップ”として話題となり、連日大勢の客が殺到する「タイガー」
[画像のクリックで拡大表示]
北欧らしいおしゃれでカラフルな雑貨が激安で買えるのが同店の魅力
[画像のクリックで拡大表示]

(文/山下奉仁=日経トレンディネット)