オリンパスイメージングが、高性能のミラーレス一眼2機種を発表。撮影性能だけでなく本体のデザインや質感にもこだわり、持つ喜びを訴求するという
[画像のクリックで拡大表示]

 オリンパスイメージングは2013年5月10日、ミラーレス一眼の新製品として「PEN E-P5」と「PEN Lite E-PL6」の2機種を発表した。上位機種となるE-P5は、ミラーレス一眼では初めて1/8000秒の高速メカニカルシャッター撮影を可能にし、野鳥などの俊敏に動く被写体や、明るいレンズを使った屋外での開放絞り撮影など、これまでのミラーレス一眼では難しかった撮影が楽しめるようにした。本体は、細部のデザイン変更で質感を高め、Wi-Fi経由でスマートフォンやタブレットと連携する機能も備えた。発売はいずれも2013年6月下旬の予定。

フィルム一眼「PEN F」風のデザインにし、撮影性能を大幅に高めた「PEN E-P5」

高性能ミラーレス一眼の新製品「PEN E-P5」。ロゴやカラーリングなどの変更で、クラシックなイメージが高まった
[画像のクリックで拡大表示]

 E-P5は、すでに従来シリーズを使っている中上級者に向けた、操作性や撮影性能を高めた高性能モデル。1/8000秒の高速メカニカルシャッターは、デジタル一眼レフカメラでも各社のプロ向けモデルなどで搭載例があるが、ミラーレス一眼では初の装備となる。ISO感度も、拡張時はISO100まで下げられるため(通常はISO200が最低感度)、明るい屋外で大きなボケを生かすために絞り開放で撮影しても、露出オーバーになりにくくなった。

 デザインは、外装カバーや各種ダイヤルに金属パーツをあしらって質感を向上。シルバーモデルでは、かつてのフィルム一眼レフカメラ「OLYMPUS PEN F」風の張り革を新たに施した。マウント上にあるロゴも、PEN F風の書体に変更してクラシックな雰囲気を演出。設定変更用のダイヤルは、シャッターボタンの前後に合計2つ用意する。背面に用意したレバーを切り替えることで、それぞれのダイヤルで変更できる項目がワンタッチで変えられるようにした。

写真はシルバーモデル。シルバーとブラックのツートンとなっており、PENシリーズで人気を博した後付けの「張り革」をメーカーが純正でまとめたような印象だ
[画像のクリックで拡大表示]
背面の液晶モニターは可動式タイプを採用する。液晶モニターの右上にあるレバーを使うと、前後ダイヤルの機能割り当てが一度に切り替えられる仕組みだ
[画像のクリックで拡大表示]
本体上部。撮影設定を変更するダイヤルは、シャッターボタンの前後に2つ設けられているのが分かる
[画像のクリックで拡大表示]
液晶モニターは上下にこの角度まで動かせる。E-PL6のように、表示面をレンズと同じ向きにしての自分撮りには対応しない
[画像のクリックで拡大表示]
側面にもネジがなく、スッキリとした見た目になっている。従来モデル「E-P3」ではグリップをユーザーが自由に交換できる構造だったが、E-P5では固定式になった
[画像のクリックで拡大表示]
カラーバリエーションは上のシルバーのほかに、ブラック(左)とホワイト(右)も用意する
[画像のクリックで拡大表示]
シャッターボタンの前後に、2つの設定変更用ダイヤルを備える。カメラを構えたまま人差し指と親指で軽快に操作できる
[画像のクリックで拡大表示]
標準設定では、フロントダイヤルが露出補正、リアダイヤルが絞り/シャッター速度になっているが、背面のレバーを切り替えるとワンタッチでISO感度とホワイトバランス調整に変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

 シリーズで初めてWi-Fi機能も搭載した。専用アプリを導入したスマートフォンと組み合わせることで、撮影した写真をワイヤレスですぐに転送できる。スマホからカメラをコントロールするリモート撮影機能や、スマホで取得した位置情報を写真に付加する機能も備える。カメラの液晶モニターに表示されたQRコードを読み取るだけでWi-Fi設定が簡単に済む工夫も凝らした。

Wi-Fi設定時、E-P5の液晶モニターにはこのようなQRコードが用意され、専用アプリで読み込むことでWi-Fi設定を簡略化できる
[画像のクリックで拡大表示]

 撮影機能では、組み写真が簡単に作成できる「フォトストーリー」や、一定時間ごとに自動的に撮影するインターバル撮影機能も新たに備えた。