ソニーは2012年9月26日、超小型フルハイビジョンビデオカメラ「アクションカム HDR-AS15」を発表した。10月12日発売で、価格はオープン。予想実勢価格は3万円前後。

ソニーが2012年10月12日に発売する「アクションカム HDR-AS15」
[画像のクリックで拡大表示]

 アクションカム HDR-AS15は幅24.5×高さ47×奥行き82mm、重さ約90gという超小型軽量ビデオカメラだ。ウォータープルーフケースと接着式マウントを付属しており、バイクのヘルメットや自動車のダッシュボードなどに設置するなどして迫力のある体感映像を撮影することができる。

 総画素数約1680万画素(有効約1190万画素)の裏面照射型「Exmor R」CMOSイメージセンサーとカールツァイス テッサーレンズを搭載。暗いシーンでもノイズの少ないフルHD映像撮影が可能だ。動画記録フォーマットはMP4(MPEG-4 AVC/H.264)で、1920×1080/30pのほか、1280×720/30p、640×480/30pの撮影に対応する。記録媒体はメモリースティックマイクロとマイクロSDカードに対応する。

 左右120度の広角撮影(35mmフィルム換算で21.3mm相当)ができるほか、最大170度(同15.3mm相当)までの超ワイド撮影にも対応している。動きながらでも滑らかな撮影ができる電子的手ブレ補正機能(手ブレ補正機能は170度の広角撮影には非対応)も搭載する。

HDR-AS15の撮影ボタン。とてもシンプルだ
[画像のクリックで拡大表示]
最大170度までの超ワイド撮影に対応するカールツァイス テッサーレンズを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
HDR-AS15のディスプレイ部。撮影映像を確認するディスプレイは搭載していない
[画像のクリックで拡大表示]
本体下部にマイクロUSB端子、マイクロHDMI端子、メモリースティックマイクロ/マイクロSD共用スロットを備える
[画像のクリックで拡大表示]
HDR-AS15の装着イメージ
[画像のクリックで拡大表示]