ソニーが発表した高画質モデル「Cyber-shot DSC-RX100」。競合の高級コンデジよりも大きな1.0型の大型CMOSセンサーを備え、画質の高さやボケの大きさを訴求する
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2012年6月6日、コンパクトデジカメの新製品「Cyber-shot DSC-RX100」を発表した。撮像素子とレンズ性能にこだわって画質を追求した、レンズ一体型の高級コンパクトモデル。一般的なコンパクトデジカメの約3倍以上もの面積を持つ1.0型(13.2×8.8mm)の大型撮像素子と、明るいレンズを搭載したのが特徴。室内や夜間などの暗所でも感度上昇を抑えてきれいに撮れるようにしたほか、大きなボケのある撮影が楽しめるようにした。携帯性と高画質を両立した小型モデルとして、日ごろデジタル一眼を愛用している中~上級者を中心に売り込む。発売は2012年6月15日で、予想実勢価格は7万円前後。ボディーはアルミ製で、色はブラックのみ。


大きな沈胴式のズームレンズと、マットな塗装が施されたシンプルなボディーが印象的な前面パネル。ポップアップ式の内蔵ストロボを備える。レンズの周囲には大型の回転式リングを備え、ズーム操作やISO感度変更などの操作に利用できる。レンズ部には、電源に連動して開閉するレンズバリアを内蔵
[画像のクリックで拡大表示]
可動式の液晶モニターを備えるα NEXシリーズとは異なり、背面の液晶モニターは固定式となる。パネルは、白のドットを加えた高輝度タイプで、明るい屋外でも視認性を確保している。操作ボタン類の数や配置は、一般的なコンパクトデジカメとほぼ同じだ。ボタン類は華美な印象のメッキ塗装ではなく、落ち着いた印象を与える
[画像のクリックで拡大表示]
レンズ部の張り出しがあるので、電源オフ時でもある程度の厚みはある。Cyber-shotの上位機種が積極的に採用するGPS機能やWi-Fi機能は搭載しない
[画像のクリックで拡大表示]