ソニーは2012年2月28日、コンパクトデジカメ「Cyber-shot」シリーズの新製品を発表した。高感度撮影や手ぶれ補正機構を改良したのが特徴。夜間や室内などでも失敗せずに高画質で撮影できるようにした。一部の下位機種を除き、有効1820万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを採用。画像処理エンジンの改良により、フルオート時でも最高ISO12800の高感度撮影を可能にした。

 光学10倍以上のズームレンズを搭載する薄型高倍率ズームモデルを拡充したのがポイント。光学ズームと同程度の画質でデジタルズームできる超解像ズーム機能を有効にすると、焦点距離が最大2倍に延びる。高感度画質やズーム性能の高さを訴求し、既存モデルからの買い替えや買い増し需要を狙う。

薄型の光学10倍ズームモデル「Cyber-shot DSC-WX100」

35mm判換算で25~250mm相当の光学10倍ズームレンズを備えるスリムモデル「Cyber-shot DSC-WX100」。写真はブラウンモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 35mm判換算で25~250mm相当の光学10倍ズームレンズを備えながら、従来の5倍ズーム機と同程度の本体サイズに抑えた高倍率ズームモデル。超解像ズーム機能を有効にすると、20倍相当のズームが可能。発売日は2012年3月16日で、予想実勢価格は3万3000円前後。


光学10倍ズームレンズを備えながら、コンパクトに仕上げた
[画像のクリックで拡大表示]
背面の液晶モニターは46万ドットの2.7型で、タッチパネルではない通常タイプとなる
[画像のクリックで拡大表示]
ブラックモデル
[画像のクリックで拡大表示]
シルバーモデル
[画像のクリックで拡大表示]
ホワイトモデル
[画像のクリックで拡大表示]
ピンクモデル
[画像のクリックで拡大表示]