西日本電信電話(NTT西日本)、イオン、シャープの3社は2012年2月22日、専用のタブレット端末を利用した家庭向けサービス「A touch Ru*Run」(エータッチ ルルン)を協業で提供すると発表した。ネットスーパーのオンラインショッピング機能や家族とのコミュニケーション機能を、パソコンを使わずタブレット端末のみで手軽に利用できるようにした。リモートを利用したサポート機能も用意し、特にパソコンの利用が苦手な家庭の主婦の利用をうながす。サービスの開始は2012年3月12日の予定で、当初は関東と広島エリアから提供する。

 専用のタブレット端末はいずれもシャープ製で、7型と10.1型の2モデルを用意する。携帯電話回線への接続機能は持たず、家庭内のWi-Fi環境を利用してインターネットと接続する。背面には、NFCに対応した非接触通信チップを搭載しており、WAONカードを利用した電子決済ができるようにした。NFCの搭載は、シャープ製のスマートフォンやタブレット端末としては初めてとなる。タブレット端末の価格は、7型モデルが3万9800円、10.1型モデルが4万9800円。

シャープが開発した専用のタブレット端末。7型(左)と10.1型(右)の2モデルを用意する
[画像のクリックで拡大表示]
7型モデルは1024×600ドットとなる
[画像のクリックで拡大表示]
10.1型モデルは1280×800ドットとなる
[画像のクリックで拡大表示]
背面にはNFCに対応した非接触通信チップを搭載しており、WAONの電子マネー決済に対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットスーパーのオンラインショッピング機能は、イオンが提供する「イオンネットスーパー」が利用できる。各種商品のオンライン購入だけでなく、近隣店舗のチラシ情報やイベント情報も提供する。利用は無料。

イオンが提供する「イオンネットスーパー」の利用イメージ。実店舗の陳列を模した画面で買い物ができるモードも備える
[画像のクリックで拡大表示]

 コミュニケーション機能は、NTT西日本グループが提供する「くらしフルサービス」を利用する。個人ごとに管理できるスケジュール機能を備え、家族間のコミュニケーションを活性化させることを狙う。タブレット端末にタッチすることで子どもの帰宅を登録し、親などが外出先からでも帰宅の有無を確認する機能も備えた。くらしフルサービスの利用は有料で、料金は月額315円か年額3465円が選べる。サポートサービスの利用は無料。

くらしフルサービスのスケジュール機能を使えば、家族のスケジュールが確認できる。右下の赤いボタンをクリックすると、帰宅したことが登録される
[画像のクリックで拡大表示]

(文/磯 修=日経トレンディネット)