かつてのOMシリーズをほうふつとさせるデザインの高性能ミラーレス一眼「OLYMPUS OM-D E-M5」が登場!
[画像のクリックで拡大表示]

 オリンパスイメージングは2012年2月8日、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼のフラッグシップモデル「OLYMPUS OM-D E-M5」を発表した。小型軽量ボディーで人気を博した往年のフィルム一眼レフカメラ「OM-1」譲りのスリムボディーとカメラらしいスタイルを採用し、かつてのOMユーザーやカメラ女子などの獲得を狙う。高精細な液晶ビューファインダーや高速オートフォーカス、防塵・防滴性能も備え、機能面でもフラッグシップモデルらしい仕上がりにした。すでに発売している「オリンパス・ペン」シリーズと並ぶデジタル一眼の柱とする。

 発売日は2012年3月下旬で、予想実勢価格はボディー単体が10万5000円前後、標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」が付属するレンズキットが13万円前後。

ファインダーを内蔵しながら、ボディーを小型軽量に仕上げた

 機能面での特徴が、144万ドットの精細な液晶ビューファインダーを搭載したことだ。オリンパス・ペンシリーズはファインダーを内蔵しておらず、別売の外付け電子ビューファインダーを利用する必要があった。「ミラーレス一眼でもファインダーをのぞいてじっくり撮影したい」という声に応えた。背面のモニターは上下可動式にし、液晶モニターを使っての撮影もしやすくしている。オートフォーカスや連写の速度も高め、一眼レフカメラ並みに快適な撮影を可能にした。

ペンタ部が大きく出っ張った一眼レフカメラらしいデザインは、オリンパス・ペンシリーズにはない味がある。内蔵ストロボは搭載しない
[画像のクリックで拡大表示]
ファインダーは電子ビューファインダーで、144万ドットの液晶パネルにより精細な表示が可能。モニターは3型の有機ELで、上下に可動する
[画像のクリックで拡大表示]
可動式のモニターを備えながら、ボディーはかなりスリムに仕上げられている。設定変更用のダイヤルは、シャッターボタンの脇とシャッターボタンの周囲の2カ所用意される。ホットシューも搭載する
[画像のクリックで拡大表示]