ニコンは2012年2月7日、デジタル一眼レフカメラの新製品「D800」「D800E」の2機種を発表した。35mmフルサイズのデジタル一眼レフカメラとしては現時点で最高となる有効3630万画素のCMOSセンサーを搭載し、画質を追求したのが特徴。2012年1月に発表した「D4」はスポーツ競技や報道写真を撮影するプロ向けのモデルだが、D800/D800Eは風景撮影など写真を趣味とするハイアマチュア層や、商品や人物の撮影をするコマーシャルフォトグラファーに売り込む。

有効3630万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載し、画質を追求した「D800」
[画像のクリックで拡大表示]
ニコンのデジタル一眼レフカメラのラインアップのなかでは、中上級者向けの高性能モデルとして位置付けられる
[画像のクリックで拡大表示]

 発売日は、D800が2012年3月22日、D800Eが2012年4月12日。予想実勢価格はD800が30万円前後、ズームレンズが付属するD800 28-300VRキットが40万円前後、D800Eが35万円前後。