アップルは2011年11月9日、日本向けのiTunes Storeで今年もっともダウンロードされたアプリ、音楽、映画と、各ジャンルの中からiTunesが選ぶ優れた作品を発表した。

iTunes Storeには「iTunes Rewind 2011」の特設ページが開設されている
[画像のクリックで拡大表示]

通話やSNS関連アプリが人気、定番アプリも根強い

 今年もっともダウンロードされたiPhone/iPod touch向け無料アプリは「Skype」。通話料無料でiPhone同士はもちろんパソコンとも通話できるアプリだ。4位の「Viber - Free Phone Calls & Text」も同じく通話アプリ。TwitterやFacebookといったSNS関連のアプリの人気も高い。「ゆれくるコール for iPhone」や「懐中電灯。」などは、震災以降に人気が高まったものと考えられる。「電話帳かんたんコピー」や「Bump」など定番アプリも根強い人気だ。

 有料では「秘密の写真管理-i写真フォルダ」が1位。見られたくない写真をパスワードなどでロックがかけられるアプリだ。ゲームやカメラ系アプリの人気も高い。

 今年のベストiPhoneアプリには、クラウド型の多機能ToDoリストアプリの「Wunderlist」が選ばれた。