ストレートタイプのキーボードや電子辞書機能などを搭載するポメラの最上位機種「DM100」
[画像のクリックで拡大表示]

 キングジムは2011年11月8日、デジタルメモ「ポメラ」の新モデル「DM100」を11月25日に発売すると発表した。ストレートタイプのキーボードや電子辞書機能などを搭載して、文章をより快適に作成できるようにした。予想実売価格は3万7800円前後。初年度に3万台の販売を目指す。

 ポメラは、キーボード入力でメモをとることに特化したデジタル機器だ。電源オンから約2秒で起動し、電池で長時間動作する。ノートパソコンよりも軽くて持ち運びしやすいことから、会議の議事録やアイデアを書き取るツールとして、ビジネスパーソンを中心に受け入れられた。2008年に初代の「DM10」を発売し、約3年で累計20万台を販売したヒット商品だ。

 これまでのポメラは、折りたためるキーボードを搭載するのが特徴だった。折りたためば文庫本サイズになり、スーツの内ポケットにも収まる。新型のDM100は、折りたたみキーボードではなく、ノートパソコンのようなストレートタイプのキーボードを採用。本体は大きくなったが、その分、横17mm、縦15.5mmの広いキーピッチを確保して、よりキーボード入力しやすくした。開発本部商品開発部の立石幸士氏は、「もっと長文を書きたいという利用者の声を反映した。キーボード入力を強化し、文房具としてしっくりくる形に仕上げた」と語る。

 DM100は多くの機能を盛り込んだポメラの最上位機種だ。シリーズ初となるバックライト付きの5.7インチ(800×600ドット、モノクロ)ディスプレイを搭載し、暗い場所でも画面が見やすい。国語、英和、和英の辞書機能も備える。入力した文字を選択し、画面の横のボタンを押すと意味が表示される。Bluetoothを採用し、対応パソコンに無線でデータを転送したり、iPhoneやiPadの外付けキーボードとして使ったりできる。そのほか、縦書き表示や親指シフト入力方式などを新たにサポート。PCリンク時の対応OSは、Windows 7/Vista/XPに加え、新たにMac OS X v10.7/10.6/10.5でも使えるようになった。

 行間を5段階で調整したり、パソコン版の日本語入力システム「ATOK」のユーザー辞書をインポートしたりできる。CSV形式の表作成もサポートし、住所録などを作成できるようになった。電源は単3形アルカリ乾電池を2本使い、約30時間駆動できる。単4形から単3形に変更することで、バックライト付きのディスプレイを搭載しながら長時間の駆動を実現した。ディスプレイを開くとすぐに電源が入り、素早くメモを書き始められる。

 本体のサイズは幅263×奥行き118.5×高さ24.6mm(突起部を含まない)、重さは約399g(電池は含まない)。インターフェースはミニBタイプのUSB、SDメモリーカードスロットを備える。

横17mm、縦15.5mmの広いキーピッチを確保してキー入力しやすくした
[画像のクリックで拡大表示]
Bluetoothを搭載し、iPadなどの外付けキーボードとしても使える
[画像のクリックで拡大表示]
サイズは幅263×奥行き118.5×高さ24.6mm
[画像のクリックで拡大表示]
DM10などほかのポメラは折りたたみのキーボードを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)