米アップルは2011年10月4日(米国時間)、世界的大ヒット商品である多機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone」の新型を発表した。日本ではこれまでiPhoneを販売してきたソフトバンクモバイルに加え、KDDI(au)からも販売する。Apple Store、ソフトバンクショップ、auショップ、au取扱店などで10月14日から発売する。10月7日より予約を受け付ける。

 新型の「iPhone 4S」は、これまでの「iPhone 4」をベースに、最大2倍高速な「デュアルコアA5チップ」や8メガピクセルのカメラなどを盛り込んだ。OSは200以上の新機能を備える「iOS 5」。クラウド上に音楽、写真、アプリケーション、カレンダー、書類などを保存して、「iPad」やMac、パソコンとデータを簡単に共有するオンラインサービス「iCloud」も利用できる。メモリー容量は16GB/32GB/64GB。カラーはホワイトとブラックの2色を用意する。

[画像のクリックで拡大表示]

 2つコアを備えるA5チップは、処理能力が最大2倍、描画処理能力は最大7倍高まった。パフォーマンスを高めつつ、バッテリーの持ちはiPhone 4とほぼ変わっていない。8メガピクセルのカメラは、5枚のレンズを組み合わせた新しい光学システムを採用。自動ホワイトバランス、顔検出機能、手ぶれを軽減する機能も備えた。ビデオ撮影では1080pのHDビデオが撮影できるようになった。

 iOS 5は、最新の情報をまとめて見られる「通知センター」、iOS 5を搭載しているiPhone、iPad、iPod touch間でテキストメッセージをやりとりできる「iMessage」などの新機能を搭載する。iOS 5は、iPhone 4や「iPhone 3GS」、第3、4世代のiPod touchなどでも利用できる。

 iCloudは、iPhone、iPad、Macなどでデータを簡単に共有するためのクラウドサービス。iPhoneでiTunes Storeから音楽をダウンロードすると、自分のiPadやMacにもダウンロードされる。iPhoneのカメラで写真を撮影すると、その写真がMacにすぐに転送される。バックアップ機能もあり、Wi-Fi経由で自動的にデータをiCloud上に保存する。

 ディスプレイはiPhone 4と同じ3.5インチのRetinaディスプレイ(960×640ピクセル)。3Gの方式は、UMTS/HSDPA/HSUPA(850、900、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)、CDMA EV-DO Rev.A(800、2100MHz)。IEEE802.11b/g/n対応の無線LANとBluetooth 4.0も備える。本体のサイズは高さ115.2mm、幅58.6mm、厚さ9.3mm、重さが140g。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

関連リンク