日本エイサーは2011年6月15日、10.1型ワイド液晶を搭載したAndroidタブレット「ICONIA TAB A500」を7月上旬に発売すると発表した。ハイビジョン動画とゲームをあらかじめインストールしているのが特徴だ。予想実売価格は3万9800円前後。パソコンと同様、競合他社の商品よりも安く、低価格戦略で国内のAndroidタブレット市場で勝負する。

日本エイサーが7月上旬に発売するAndroidタブレット「ICONIA TAB A500」。4万円を切る安さが魅力だ。Androidタブレットでもパソコンと同じ低価格戦略をとる(画像クリックで拡大)

 描画性能の高いエヌビディアのTegra 2(1.0GHz)と、1280×800ドット表示対応の10.1型ワイド液晶を搭載。動画やゲームに適したタブレットとして売り込む。動画は人気アニメシリーズの「APPLESEED XIII」(全13話、順次配信予定)が無料で視聴できる。ゲームは「レッツ!ゴルフ」「Need for Speed Shift」「ヒーローオブスパルタ(トライアル)」がプリインストールしてある。ゲームやアプリはエヌビディアの「Tegra Zone」やAndroidマーケットからダウンロード可能だ。付属のHDMIケーブルを使ってテレビやモニターと接続すれば、大画面で動画やゲームが楽しめる。

 米グーグルのタブレット向けOS「Android 3.0」を搭載する。コンテンツを分かりやすく分類、整理できる独自ユーザーインターフェース「acer ZONE」も備える。日本語IMEには「simeji」をICONIA TAB用に最適化した「simeji for ICONIA TAB」を採用。フリック入力をサポートするほか、スキンの着せ替えやキートップのデザインを変更できる。

 ホストUSBポートを備え、USBメモリー内のデータの閲覧や、携帯電話などの充電が可能。前面に200万画素、背面に500万画素のカメラを搭載する。重さは765g。バッテリー駆動時間はHDビデオ再生時で約8時間、スタンバイモードでは約400時間となる。

 インターフェースは、micro SDカードスロット、USB2.0ポート、マイクロUSB2.0ポート、HDMI出力ポート、ヘッドホン出力などを搭載。照度センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、イーコンパス、GPSなどのセンサー類を備える。3Gモデルはなく、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANを使ってインターネットに接続する。Bluetoothも備える。ストレージは16GBのSSD。

 別売りで充電が可能な専用ドッキングステーションも販売する。

1280×800ドット表示対応の10.1型ワイド液晶を備える(画像クリックで拡大)

背面には500万画素のカメラを内蔵する(画像クリックで拡大)

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

関連情報