無料復旧サービスの対象は、レキサー・メディアブランドのフラッシュメモリーカードだ(画像クリックで拡大)

 マイクロンジャパンは2011年5月10日、東日本大震災の影響で正常に読み込みができなくなったメモリーカードのデータ復旧サービス「Save Your Memoryプログラム」を無料で実施すると発表した。対象は、同社が発売するレキサー・メディアブランドのフラッシュメモリーカードで、復旧の対象は静止画のみ。サービスの提供期間は2011年5月10日~6月30日まで。

 地震や津波でデジタルカメラが破損・水没した場合、メモリーカード内のデータが正しく読み込めなくなる場合がある。データを解析して復旧処理を実施することで、画像データが元通りに戻せる可能性がある。

 復旧サービスの対象となるメモリーカードはSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、microSDカード、microSDHCカード、メモリースティックPRO Duo、コンパクトフラッシュ。復旧できた画像は、別のメモリーカードなどに記録したうえで申し込んだユーザーに届けられる。メモリーカードの状態によっては復旧できない場合もあるという。

(文/磯 修=日経トレンディネット)