アマゾン ジャパンのジャスパー・チャン社長(画像クリックで拡大)

 オンラインストア大手のアマゾン ジャパンは2010年11月1日、通常配送料金を無料にすると発表した。同日、都内で開催したAmazon.co.jp10周年記念式典で、ジャスパー・チャン社長が明かした。今年1月からキャンペーンとして実施してきたものを正式にサービス化する。

 無料にはなるのは、国内配送で「通常配送」または「コンビニ受取」を選択した場合にかかる配送料(300円)。Amazonマーケットプレイス出品者が発送する商品や、大型商品などの特別配送便、お急ぎ便、当日お急ぎ便、国外配送などは対象外となる。

 同日から配送時間を指定できる「お届け日時指定便」をスタートする。最短で注文日翌日の午前8時から6つの時間帯で配送時間を指定できる。PCサイトとAmazon モバイルで利用できる。料金は350円。Amazonプライム会員なら無料となる。iPhoneアプリでは利用できない。

 通常配送料金が無料になったことで、年会費3900円のAmazonプライム会員のメリットは、「当日お急ぎ便」「お急ぎ便」「お届け日時指定便」などが無料で使えることになる。

 11月2日に大阪府大東市に国内5カ所目の物流センター「アマゾン大東FC」を開業する。チャン社長は、「今年は川越に次ぐ2カ所目の物流センターの開業となる。多くの在庫を確保できるようになり、さらなる迅速な配送につながるはずだ」と語った。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)