CPUやグラフィックス機能を強化した「MacBook」。価格は9万4800円。前モデルから4000円値下げした(画像クリックで拡大)

 アップルは2010年5月18日、CPUなどを強化したノートブック「MacBook」の新製品を発売した。上位シリーズの「13インチ MacBook Pro」と同じCPUとグラフィックス機能を搭載して基本性能を底上げした。価格は前モデルから4000円値下げして9万4800円。

 機能面では、同社の多機能携帯電話「iPhone」などで採用するモーメンタム(慣性)スクロールを新たにサポートした。マルチタッチトラックパッドを2本指で滑らせると、直感的にスクロールできる。バッテリー駆動時間は約7時間から約10時間に延びた。

 ボディーは軽くて耐久性の高いポリカーボネート製。ディスプレイはLEDバックライトを使用した13.3型ワイド(1280×800ドット)だ。重さとサイズは前モデルと変わらず、重さが約2.13kg。本体サイズが33.03(W)×23.17(D)×2.74(H)cm。バッテリーは内蔵型だ。

 CPUはCore 2 Duo 2.40GHz、メモリーは2GB、250GBのHDDを搭載する。グラフィックスにはNVIDIA GeForce 320Mを採用した。光学ドライブはスロットローディング方式のDVD±R DLを備える。

 インターフェースは、Mini DisplayPort、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、オーディオ入力、オーディオ出力、USB2.0×2などを搭載する。IEEE802.11n対応無線やBluetoothなども備える。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

関連情報