スリーエフ(横浜市中区)とミニストップ(東京都千代田区)は、日本カーシェアリング(東京都新宿区)と提携し、10月1日(木)からコンビニエンスストア店舗駐車場を利用したカーシェアリングサービスを開始する。カーシェアリングは、1台のクルマを複数の人たちでシェア(共有)して利用する、新しい車の利用形態で、維持費・固定費がかからない上に、短い時間単位で予約・利用できるため非常に経済的であり、自動車走行距離の削減や利用者一人当たりの CO2削減により環境負荷を削減できる。しかしながら、従来のカーシェアリングは都心の月極駐車場などでサービス展開を図る手法が多く、利用者の自宅とステーション(車両設置)が遠いなどの理由から、まだあまり普及していない。

 今回の取り組みは、「使いたいときに使いたいだけ」の実現を可能にするべく、生活のインフラとして普段利用している住宅地に近いコンビニエンスストアを活用することにより、利用者の利便性を向上させることを目標としている。募集エリアは各店舗を中心に半径800m以内を目安とする。スリーエフとミニストップは、今後さらにカーシェアリングの普及を図るべく、サービス拠点を拡大。さらに環境負荷の削減のため電気自動車の導入および充電スタンドの設置も検討していく。

 サービス名称は「アイシェア(i-share)」で、まずスリーエフ3店(都筑牛久保店、川崎宮前平店、王禅寺店)、ミニストップ2店(北烏山9丁目店、堀切8丁目店)でサービスを開始。初期費用は入会金が1名登録で3150円、会員カード発行手数料が1名につき1枚発行で2100円。利用料金は昼間(7:00~21:00)が30分800円、6時間パック6200円。夜間(21:00~7:00)が30分500円、6時間パック3800円となる。

 利用時には携帯電話またはパソコンで予約を行い、会員カードで車両のキーを解除してエンジンを始動する。利用料金はコンビニ店舗で決済できる。

アイシェアのWebサイト(画像クリックで拡大)

・アイシェア http://www.ishare-j.jp/
・スリーエフのプレスリリース http://www.three-f.co.jp/about/news/090915_ishare.html