中外製薬は、がん患者などに向けて専門家が治療方法などを分かりやすく解説するWebサイト「がん情報ガイド」を開設した。がんの基礎知識や現時点で受けられる最良の治療(標準治療)をはじめ、患者やその家族に知ってほしい関連情報、インターネットを使った情報収集方法などを、分野ごとに医師や医学者が案内する。

 ネット上ではがんに関するさまざまな情報が混在するため有用な情報にたどり着けない、といった患者団体の声を踏まえ、基礎知識と有用な情報源へのアクセス方法をまとめた。

 「がんの疑いがある」「がんと診療された」など患者の状況に応じて、2―3ステップでがんの知識を学べる。疾患の基礎知識や治療方法については、癌研有明病院メディカルディレクター名誉院長の武藤徹一郎氏が執筆、監修する。患者や家族が治療を進めるコツや、利用できる社会制度、心のケアなどに関しては、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏が担当する。

 ネットを使った情報収集方法は、帝京短期大学専攻科臨床工学専攻教授の諏訪邦夫氏が案内している。国立がんセンターのWebサイトなど信頼性の高い情報源を列挙するほか、代替療法などのサイトについて自分で信頼性を調べる方法、海外の情報源などを紹介している。

■関連情報
・中外製薬のWebサイト http://www.chugai-pharm.co.jp/