「i-MiEV(アイ・ミーブ)」

 三菱自動車工業は、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を7月下旬より国内市場に投入する。2009年度中に企業や自治体へ合計1400台をリース販売する予定。個人向けには7月下旬から予約を受け付け、2010年4月より販売する計画。希望小売価格(車体価格)は459万9000円。

 4人乗り軽自動車「i(アイ)」をもとに開発した100%電気で走行する自動車。家庭用のAC200V/100V電源から充電できる。ベース車の長いホイールベースを生かし、床下に大容量のリチウムイオン電池を、荷室の下にモーターなどを組み込んだ。車内空間や荷室の広さはベース車と同じ。

 1回のフル充電で走行できる距離(航続距離)は10・15モード時で160km。フル充電にかかる時間はAC200V電源で7時間、AC100V電源で約14時間。今後各所に設置される「急速充電器」を使えば約30分で8割まで充電できる見込み。

 車内のメーターに電力消費やバッテリーの残量、残りの航続距離などを表示する。ブレーキの力を電気に変換するエネルギー回生機能の作動状況も確認できる。またレバー操作でトルクや出力の設定を変更できる。アクセル操作に応じて大きなトルクを発生させる「D」ポジションをはじめ、出力を抑えて電力消費を低減する「Eco」ポジションや、トルクを大きくし、エネルギー回生機能を強く働かせる「B」ポジションを選べる。

 最高出力は47kW(64PS)/3000―6000rpmで、最大トルクは180N・m(18.4kgf・m)/0―2000rpm。トランスミッションは変速を1段に固定している。

 空調は、冷房に電動コンプレッサー、暖房に電気ヒーターで加熱した温水を循環させるシステムを採用した。温度調節は冷房、暖房とも各6段階を手動で切り替える仕組み。冷房と暖房の同時駆動を減らして消費電力を抑える。

 このほか三菱自動車として初めてLEDヘッドライトを採用し、リヤコンビランプにもLEDを採用した。またテールゲート内側のトリムに竹繊維と樹脂を組み合わせた素材を使い、原料採取から廃棄までに生じるCO2量を1割減らした。オプションとして省電力性に優れたSSD(フラッシュメモリードライブ)型カーナビゲーション・システムを設定する。同カーナビには、SDカードを使って急速充電器の設置場所などの情報を追加できる見込み。

 車体カラーは「ホワイトソリッド」などモノトーン3色(うち有料が1色)と、「ホワイトパール/ミントグリーンソリッド」などツートーン5色(すべて有料)。
 
■詳細記事
三菱の電気自動車i-MiEV、1充電160km走行可能で実質320万円
■関連情報
・三菱自動車工業のWebサイト http://www.mitsubishi-motors.co.jp/