ノンアルコールのビール風味飲料「キリンフリー」(画像クリックで拡大)

 キリンビールは、 ノンアルコールのビール風味飲料「キリンフリー」の売れ行きが好調なことから、2009年の販売予定数を上方修正し、当初の2.5倍となる約160万ケース(大瓶換算、約2万キロリットル)にした。

 キリンフリーは、自動車を運転する人が居酒屋などで楽しめる商品として開発し、4月8日に発売した。ビールのように麦芽やホップなどを仕込むが、酵母を使わず、製造工程でアルコールを生成しないようにしたのが特徴。アルコール度数0.00%のビール風味飲料は世界初としている。

 当初は年間63万ケース(約8000キロリットル)の販売を見込んでいたが、4月中に34万ケース(約4300キロリットル)を販売するなど予想を上回る伸びを示した。店頭での品薄を受け、キリンビールは4月半ばに安定供給に努めるとの声明も出した。現在、製造工場では一部休日を返上して生産体制を強化しており、5月下旬には販売量が63万ケースを超える見込み。

■関連情報
・キリンビールのWebサイト http://www.kirin.co.jp/