「アウディ R8 5\.2 FSIクワトロ」(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 アウディジャパン(本社:東京都世田谷区)は、最高級スポーツカー「アウディR8」に、5.2L V型10気筒エンジンを搭載した新モデル「アウディ R8 5.2 FSIクワトロ」を追加し、2009年4月21日から予約受付を開始した。車両価格は1994万円(諸経費は別)。配車は7月下旬の予定。

 R8は、エンジンをドライバー背後に置くミッドシップレイアウトに、フルタイム4WDシステム「クワトロ」を組み合わせた同社のフラッグシップモデル。軽量ボディ構造「アウディスペースフレーム(ASF)」を採用したアルミボディにより、高い走行性能と受動安全性、日常の使い勝手という、相反する要求を高い次元で実現した。国内では2007年9月発売。

 新モデルでは、レーシングエンジンの設計思想を受け継いだドライサンプ方式採用の高回転型FSIガソリン直噴エンジンを搭載。最高回転数はレーシングエンジンと同等の8700rpmで、最高出力は525ps(386kW)。最高時速は316kmに達する。ミッションは、パドルシフトとローンチコントロール機能を備えた6速Rトロニック。

 また、デザインや装備も従来モデルと差別化。クローム処理したフロントシングルフレームグリル、大型化したフロントエアインテーク、専用デザインの19インチアルミホイールなど、よりアグレッシブなデザインとした。インテリアは、ファインナッパレザーの本革仕様スポーツシートや専用インストルメントクラスターを標準装備する。(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・「R8」製品情報 http://www.audi.co.jp/audi/jp/jp2/new_cars/r8.html
・アウディジャパンのWebサイト http://www.audi.co.jp/