「COOLPIX P90」

 ニコンは、光学24倍ズームレンズとチルト式液晶モニターを搭載した有効1210万画素のコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P90」を2009年3月13日に発売する。価格はオープンで、販売予想価格は5万2000円前後。

 レンズの焦点距離は35mm判換算で26―624mm相当。F値は2.8―5。マクロモード時にレンズ前約1cmでの接写が可能。イメージセンサーシフト方式手ブレ補正を採用する。

 液晶モニターは3型23万ドットで、下方向45度、上方向90度まで角度を変更でき、ハイ/ローアングル撮影が容易という。視野率は撮影時が上下左右97%。再生時は同100%。0.24型約23万ドットの電子ビューファインダーも備える。

 撮像素子は1/2.33型CCD。感度はISO64―6400。画像サイズは最大4000×3000画素だが、ISO3200または6400に設定した場合、2048×1536画素以下になる。記録ファイル形式はJPEG-Baseline。動画はAVI形式、最大640×480画素、30fpsで撮影できる。白黒動画撮影も行える。

 従来モデル「COOLPIX P80」と同じく「スポーツ連写機能」を備え、連写速度を最高で毎秒約13枚から約15枚に高め、最大撮影枚数を30枚から45枚に増やした。またシャッターボタンを半押しして連写を始め、全押し直前の画像を最大10枚まで記録する「先取り撮影」も使える。なおスポーツ連写時の画像サイズは2048×1536画素以下。毎秒15枚で連写する場合は1920×1080画素、感度はISO 640以上という制限が付く。

 露出モードはプログラムオート、シャッター優先オート、絞り優先オート、マニュアルの4つを選べる。白とびや黒つぶれを低減する「アクティブD-ライティング」も利用できる。このほか6種類の撮影シーンの自動設定や、最大12人まで同時認識する顔認識、笑顔/目つぶりの自動検出といった機能がある。

 バッテリーはリチウムイオン充電池「EN-EL5」でCOOLPIX P80などと共通。CIPA準拠の撮影可能枚数は約200枚で、COOLPIX P80より50枚少ない。記録媒体は容量47MBの内蔵メモリーと市販のSDHC/SDメモリーカード。本体サイズは幅114mm、奥行き99、高さ83mm。重さはバッテリーやSDメモリーカードなしで約460g。

■関連情報
・ニコンのWebサイト http://www.nikon.co.jp/