「VARDIA RD-G503」

「VARDIA RD-E303」

 東芝は2月1日から、テレビをつけなくても本体の液晶画面を見ながら録画予約ができる、ハイビジョンレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズの新製品「RD-G503」を発売する。ブラックとホワイトの2色をそろえ、オープン価格で提供する。

 「かんたん本体予約」機能を利用すれば、テレビをつけずに予約が行える。本体の液晶表示に録画曜日と時刻、チャンネルを入力し、放送番組名を表示して、決定ボタンを押すだけでよい。リモコン操作でテレビの画面を見ながら予約できる「かんたん予約」機能も搭載する。

 通常のリモコンに加え、頻繁に使うボタンだけを集めたシンプルリモコンが付属する。シンプルリモコンはテレビ電源の入/切や音量調整など、要望の多かった操作キーを加えて刷新した。また、スタートメニューには、DVD操作用のメニューを追加した。

 ハードディスク容量は500GBで、地上デジタル放送の場合、ハイビジョン画質で約64時間の録画が可能。

 320GBのハードディスクを搭載した「RD-E303」も同時発売する。かんたん予約機能を備え、地上デジタル放送をハイビジョン画質で約41時間録画できる。本体カラーはRD-G503同様、ブラックとホワイトの2色展開。

■関連情報
・東芝のWebサイト http://www.toshiba.co.jp/