PS\-LX300USB(画像クリックで拡大)

 若いころに毎日のように聴いていたアナログレコード。今でも自宅にコレクションを残しているが、もう何年も埃をかぶっている。CDで再発売されていないアルバムもたくさんあるのだが、手軽なCDプレーヤーに慣れてしまうと、なかなか手が出ない。といって手放してしまっては、思い出の楽曲を聴けなくなる。結局そのまま手を付けず、たんすの肥やしに──。

【背面のUSB端子でパソコンに接続】
きょう体の背面にはUSB端子があり、パソコンに直接つなげる。左側にあるのは、フォノイコライザー回路のオン/オフを切り替えるスイッチ

 40代以上の音楽好きの読者の方なら、きっとこんな状況に思い当たることがあるだろう。そうしたユーザーに福音となるレコードプレーヤーをソニーが発売した。「PS-LX300USB」は、レコードプレーヤーとパソコンをUSBケーブルで直結し、レコードの楽曲をファイルとして録音・保存できる製品だ。

(続きはPC Onlineで)