携帯電話機世界最大手のフィンランドのノキアは2008年11月27日、日本市場での携帯電話端末の販売・販売活動を打ち切ると発表した。ティモ・イハムオティラ上級副社長は「現在の厳しい世界的な経済傾向の中では、日本独自の製品展開のための投資を続けていくことはできないとの判断を下した」としている。

 宝石や貴金属をあしらったラグジュアリーな高級端末ブランド「Vertu」(バーチュ)を残して、直販のほかキャリア向け供給も打ち切る。「Vertu」は、来年からNTTドコモの回線を借り入れて開始する予定の自社携帯電話サービス向けに販売する。また、日本で行ってきた世界市場向けの研究開発、日本メーカーへの外注(ソーシング事業)は継続する。

 国内キャリア向けの端末では、提供を予定していたソフトバンクモバイル向けの「Nokia N82」「Nokia E71」、NTTドコモ向けの「Nokia E71」のうち、「Nokia N82」は予定通り11月28日発売したが、残る2機種の扱いについては「現時点では未定」という。

(文/平城奈緒里=Infostand)

■関連情報
・ノキア・ジャパンのWebサイト http://www.nokia.co.jp/
・ノキア・グループのWebサイト http://www.nokia.com/