外観も変更した「スカイウェイブ650LX」(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 スズキは、排気量638ccの大型スクーター「スカイウェイブ650LX」のハンドル部とシートにヒーターを標準装備するなど一部改良を施し、11月28日に発売する。希望小売価格(車体価格)は109万2000円。

 ハンドル部のヒーターは、グローブをしたまま操作しやすいプッシュボタン式スイッチ付きで、5段階で温度を調節し、LEDインジケーターで温度の強弱を確認できる。シートのヒーターはサーモスタットによる自動温度制御式で、「フロントのみ」「フロントとリヤシート」「オフ」を切り替えられる。

 これに併せて車体の外観も変更し、ヘッドライトのリフレクターを淡青色メッキにして精強な印象を出した。

 エンジンは水冷・4ストロークDOHC 2気筒で、最高出力は37kW(50PS)/7000rpm、最大トルクは60N・m(6.1kg・m)/5000rpm。セルフ式スターターを採用する。トランスミッションは電子制御式の無段変速機(CVT)で、6速マニュアルモードを選べる。また電子制御式のアンチロック・ブレーキング・システム(ABS)を標準装備する。

 車体サイズは全長2260mm、全幅810mm、全高1435mm。シート高は755mm。タンク容量は15Lで、装備重量は277kg。タイヤサイズは前輪120/70R15 M/C 56H、後輪160/60R14 M/C 65H。

■関連情報
・スズキのWebサイト http://www.suzuki.co.jp/