「airpenMINI(エアペンミニ)」(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 ぺんてる(本社:東京都中央区)は、紙に書いた文字や図をデジタルデータ化するデジタルペンの新製品「airpenMINI(エアペンミニ)」を2008年11月28日発売する。専用ペンと受信ユニットを組み合わせたシステムで、受信ユニットを従来の約3分の1に小型化した。価格はオープンで、予想実売価格は1万4800円前後。

 センサーを内蔵した受信ユニットで紙を挟み、専用ペンの先から発信される超音波と赤外線で動きを記録して、書いた内容をデジタル化する。受信ユニットにはモノクロ液晶を搭載し、記入中のページ数などを表示する。大きさは68×33×21mm。重さは約80g。ペンは従来と同じ仕様で、大きさは145×10.5mm。重さは約17g。

 USB経由でパソコンに接続して、専用ソフトで手書き文字をテキスト形式に変換できる。A4サイズまでのエリアを認識でき、A5用紙で約100ページ相当のデータを記録できる。リチウムイオン充電池で15時間駆動し、USB経由で充電できる。対応OSは、Windows 2000/XP/Vista。

 同社は、Webサービス開発の見果てぬ夢(本社:東京都目黒区)と共同で運営するWebサービス「ふみくらぶ」も11月28日から開始する。「airpenMINI」向けに「手書きグリーティングメール」と「手書きスケジュール」を無償で提供する。

 「手書きグリーティングメール」は、手書きした文字に画像テンプレートを合わせてグリーティングカードを作成し、携帯電話やパソコンのメールに送信できる。「手書きスケジュール」は、専用ページのWebカレンダーに手書きメモを保存し、携帯電話やパソコンから閲覧できる。いずれも「airpenMINI」付属のソフトから直接アクセスできる。2009年4月からは、「airpenMINI」以外のairpenユーザーにもサービスを提供する予定。

(文/宇高舞美=Infostand)