業務用液晶マスターモニター「BVM\-L170」(画像クリックで拡大)

 ソニーは、17型フルHDパネルを採用したコンパクトな業務用液晶マスターモニター「BVM-L170」を2009年3月に発売する。独自技術「TRIMASTER(トライマスター)」を搭載して、業務用モニターに求められる「正確な色」「正確な画像」「高い信頼性」の3要素を満たすという。希望小売価格は105万円。

 中継車や映画・ドラマ制作などのフィールド現場で利用できるコンパクトな業務用モニター。フルHD(1920×1080ドット)・10ビットドライバー搭載で、高解像度、高階調表現を実現。また、120Hzの倍速駆動にも対応し、黒色のフレームを挿入して動画ぼけを改善した。新方式のバックライトブリンキングにより、黒挿入時の輝度低下も抑える。

 パネル表示フレームレートは96/100/120Hz。また、インターレース信号をI/P変換せずに、液晶パネルにそのまま表示するモードを備える。バックライトには高純度LEDを採用し、放送規格のITU-R BT.709やEBU、SMPTE-Cからデジタルシネマ向けの色域まで対応。RGBセンサーと温度センサーを内蔵し、経年変化の輝度ムラや色ズレの補正ができる。

 入力信号は、NTSCから1920×1080/60pまでの多彩な信号フォーマットに対応。DVI-DとHDMI端子を備え、コンポーネントやHD-SDI入力などを追加可能なオプションスロットを4基装備する。19インチラックマウント(高さ6U)とDC24V駆動にも対応して中継車などに搭載できる。

 あわせて、業務用23型液晶モニター「PVM-L2300」を2009年2月に発売する。23型マスターモニター「BVM-L230」をベースに開発した製品で、色域はEBU、SMPTE-C、ITU-709に準拠。液晶パネルはWUXGA(1920×1200ドット)、バックライトはワイドCCFL(冷陰極線管)を採用した。希望小売価格は92万4000円。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・製品情報 http://www.sony.jp/products/Professional/BVM/
・ソニーのWebサイト http://www.sony.co.jp/