「ポメラ」(画像クリックで拡大)

 キングジムは、手軽にメモを取るためのデジタル機器「ポメラ」を11月10日に発売する。文庫本サイズの本体に折りたたみ式のキーボードと4インチの液晶ディスプレイを搭載。テキストファイル(.txt形式)作成に機能を絞り、高速な起動と長時間駆動を実現した。希望小売価格は2万7300円(税込)。パールホワイト、プレミアムブラック、トワイライトオレンジの3色を揃える。

 本体はノートパソコン同様に開いて使用する。閉じた状態では幅145×奥行き100×厚さ30mmと文庫本程度のサイズで、重さは約370g。本体を開くと、幅250mm、キーピッチ17mmと、ノートパソコン並みのパンタグラフ式キーボードが出現する。

 ディスプレイは、4インチVGA(640×480ドット)のハイコントラスト白黒TFT液晶を搭載。全角文字第1水準、第2水準、半角文字のフォントを内蔵し、最大で全角26文字×17行を表示できる。日本語入力システムにはATOKを採用した。

 電源は単4アルカリ乾電池2本を使用し、連続駆動時間はカタログ値で約20時間。約2秒で起動する。

 作成できるテキストファイルのサイズは、1ファイルにつき全角8000文字まで。内蔵メモリーには最大6ファイル、計4万8000文字まで保存できる。また、microSDカードスロットを搭載しており、最大2GBのカードにデータを保存するほか、USBケーブルでWindows XP/Vista搭載パソコンと接続し、データを転送することも可能。

 ポメラ本体とあわせて、専用の持ち運びケースも用意した。革製品の製造工程で出る革の端材を再加工したリサイクルレザーを使用。希望小売価格は5040円(税込)で、色は黒のみ。

■関連情報
・キングジムのWebサイト http://www.kingjim.co.jp/