2009年より、同紙の創刊号から最新号まで合計135年間の記事1000万件以上をオンラインで検索、閲覧できる「ヨミダス歴史館」サービスを始める(画像クリックで拡大)

 読売新聞グループ本社は2009年より、同紙の創刊号から最新号まで合計135年間の記事1000万件以上をオンラインで検索、閲覧できる「ヨミダス歴史館」サービスを始めると発表した。基本料金は特定の端末から使う場合で月額2万7300円。主に大学や図書館、官庁、企業の利用を想定している。

 従来販売してきたCD-ROMやオンラインのデータベース内容を統合する。明治7年(1874年)から平成元年(1989年)までの「読売新聞」紙面の画像を掲載する。また1986年以降の読売新聞の記事テキストや、1989年以降の英字新聞「The Daily Yomiuri」記事テキスト、現代の著名人2万6000人の情報を掲載する。

 紙面の画像は「Adobe FLASH Player9」を使って表示し、閲覧、印刷はできるが、ダウンロード保存はできないようにする。検索を行う際は、調べたい人名、地名、事件名などを現代の言葉でも当時の言葉でもキーワードとして利用できる。

 記事の切り抜き機能や、国語・英和・和英辞書、時事用語辞典の機能を備える。また記事の検索条件などを保存できる。

■関連情報
・読売新聞グループ本社のWebサイト http://www.yomiuri.co.jp/