マイクロソフトは2008年10月10日、Webブラウザー向けアプリケーション実行環境の次版「Microsoft Silverlight 2」の概要を発表した。デジタル著作権管理(DRM)機能の搭載や開発環境の強化などを実施する(関連記事その1その2その3)。Silverlight 2対応リッチメディア広告などの展開も計画している。

 Silverlightは、メディア再生/リッチ・インタラクティブ・アプリケーション(RIA)表示用のWebブラウザープラグイン。WindowsだけでなくMac OS Xにも対応している。「Internet Explorer(IE)」「Mozilla Firefox」「Safari」など複数のWebブラウザーで利用できる。

 次版は、「Microsoft PlayReady」ベースのDRM技術「Silverlight DRM」を実装し、Windows Media動画ファイルのWindows/Mac OS X向け配信時に安全性を確保する(関連記事)。高解像度映像を高速処理する新機能「Deep Zoom」も搭載する。

 アーキテクチャー基盤として.NET Frameworkを採用するため、RIAの開発がVisual Basic .NET、C#、JavaScript、IronPython、IronRubyなどのプログラミング言語でできる。コントロールの拡充、各種通信プロトコル(REST、WS/SOAP、POX、RSS)への対応なども施す。

 Silverlight用ツール「Microsoft Expression Blend 2」「Microsoft Expression Encoder 2」をSilverlight 2に対応させるため、サービスパック「Service Pack 1日本語版」の提供を11月中旬から下旬に開始する。「Visual Studio 2008」用アドインの「Silverlight Tools日本語版」は11月上旬より提供する予定。

 同社は、MSNでSilverlight 2対応リッチメディア広告「MSNホーム Silverlight MOF(Mouse Over Floating)」「Silverlightタイアップ広告」の配信を11月中旬より順次開始する。Silverlight 2の新機能をいかした(1)高画質素材の配信、(2)豊かな表現力、(3)著作権/肖像権管理が特徴という。

 Silverlight 2の提供開始に先立ち、NECビッグローブ、ヤフー、楽天など7社が対応サービス/アプリケーションの開発を表明した。

■関連情報
・マイクロソフトのWebサイト http://www.microsoft.com/japan/
--------------------------------------------------
プレスリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3550
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=202246&lindID=1
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3551
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=202248&lindID=5