「キャンパスノート(ドット入り罫線)」(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 コクヨS&T(本社:大阪市)は、東大合格生のノートを研究して開発したキャンパスノート「ドット入り罫線シリーズ」を2008年10月10日発売する。中紙の横罫に等間隔に並んでいるドットを利用して、美しくノートをとることができるという。希望小売価格は157円~273円。

 10月に文藝春秋社から発売予定の「東大合格生のノートはかならず美しい」(太田あや著)と同時発売。文藝春秋社、太田氏、コクヨS&Tが共同で行った調査をもとに、“学習に最適なノート”として開発した。

 太田氏と文藝春秋社は、まず東大合格生のノートの書き方が「美しい」点に着目。調査では、合格生が学んだことを効率的に身につけるために、書き出しをそろえたり、内容ごとに書く場所を決めるなど、後で見返しやすいよう、美しく書く工夫をしていたことが分かったという。

 「ドット入り罫線シリーズ」では、ドットを入れることで、文頭がそろえやすい、図形や表を書きやすい、資料を真っすぐに張れるなどの特徴を備える。「キャンパスノート(ドット入り罫線)」「キャンパスルーズリーフ(ドット入り罫線)」「ツインリングノート(ルートマップ柄)(ドット入り罫線)」の3品目で、それぞれ普通横けい(けい幅7mm)と中横けい(けい幅6mm)の2種類がある。

(文/田中武臣=Infostand)

■関連情報
・コクヨのWebサイト http://www.kokuyo.co.jp/
・コクヨS&TのWebサイト http://www.kokuyo-st.co.jp/