10月9―12日に幕張メッセで開かれる「東京ゲームショウ2008」に、往年の人気ゲームなどを集めた主催者企画「ゲーム科学博物館」が出展される。日経BP社の専門誌編集部による企画で、親子で名作ゲームを遊べるコーナーを設けるほか、任天堂の「Wii」リモコンの仕組みについて実演展示したり、スクウェア・エニックスの人気作品「ファイナルファンタジー」のCG技術を解説する。

 ゲーム科学博物館は4つのゾーンに分かれる。「日経キッズプラスゾーン」では、親子のライフスタイル誌「日経キッズプラス」のアンケート結果をもとに、親が昔遊んだゲームの中から子供と楽しめる「懐かしゲーム」の人気ランキングを発表する。またそれらのゲームを実際に遊べるコーナーを設ける。

 「日経エレクトロニクスゾーン」ではハードから見たゲームの進化を解説する。Wiiリモコンの加速度センサーの仕組みや赤外線センサーのバーチャル・リアリティーの実演展示を行う。また「ファミリーコンピュータ」からWiiまで歴代の任天堂製ゲーム機をはじめ、ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション」、マイクロソフト「Xbox」シリーズなど11機種の構造を紹介する。

 「CG&ゲーム技術ゾーン」ではゲームソフトの進化に焦点を当てる。ファイナル・ファンタジーに登場するキャラクターにしぼって、映像やCGの表現力がどのように進化したのか、将来のCG技術はどうなるかを説明する。「テレビゲームミュージアムゾーン」ではテレビゲームと東京ゲームショウの変遷、日本ゲーム大賞の歴史を解説する。

 これに加え、大型ハイビジョンテレビ、HDDレコーダー、5.1チャンネルサラウンドの音響システムを組み合わせて、最新のゲームや映像作品を表示する「TGS Movie Square 5.1chシアター」も設置する。

 なお、東京ゲームショウ2008では、共有スペースの照明などにグリーン電力を導入する。南九州バイオマスと協力して28万kWh(キロワット時)をバイオマス発電でまかない、CO2排出量を105トン削減する。

■関連情報
・東京ゲームショウ2008のWebサイト http://tgs.cesa.or.jp/