オフロード専用スポーツバイクの最新モデル「NEW BMW G 450 X」(画像クリックで拡大)

 ビー・エム・ダブリュー(本社:東京都千代田区)は、オフロード専用スポーツバイクの最新モデル「NEW BMW G 450 X」2008年9月20日発売する。エンデューロ・スポーツや、ダカール・ラリーなどの世界で最も過酷なレース向けに開発した。希望小売価格は114万円(諸費用は別)。

 BMWの最新スポーツエンデューロモデルで、量産車として初めて、スイング・アーム・ベアリングとドライブ・ピニオンを一つの軸上に配置。サスペンションが伸び縮みしてもチェーンの長さに変化が起こらず、ドライブ・ピニオンやチェーン、スプロケットの摩耗を減少できる。また、乗り心地も向上するという。

 新開発のコンパクトな水冷4ストローク449cc単気筒DOHCエンジンを搭載。最高出力は40.8psで、最大トルクは42.8N・m。二つのスロットル・バタフライでスロット操作に機敏に反応。ストレートなインテークで、スムーズにエアを吸入して、繊細なレスポンスと快適な走行性が得られる。

 フロントサスペンションは、スプリング・トラベル300mmの調整可能な倒立式フォーク。燃料タンクはシート下部に配置し、特にスタンディング状態でのライダーの動きの自由度を生かし、確実なコントロールができるという。

(文/藤森駿生=Infostand)

■関連情報
・ビー・エム・ダブリューのWebサイト http://www.bmw.co.jp/jp/ja/